順位戦C級1組 金井恒太六段vs藤井聡太七段の棋譜速報!


第78期順位戦C級1組3回戦の金井恒太六段と藤井聡太七段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

本局は相掛かり模様になりましたね。

金井六段vs藤井七段

藤井七段が先に飛車先を交換して、▲5八玉に△6二玉とあがりましたね。

△3六飛と歩を取るのもありますが、▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲8四飛で歩を打たされるので、少し不満です。

歩得はしても、全部歩を打たされて、歩を打つところがなくなってしまいますので。

ただ、△6二玉もあまり見ない手ですよね。

ひねり飛車のように飛車を2筋方面に持っていこうということですが、少し形を決めすぎな感じもします。

藤井七段のことですし、全部考えた上での手だと思います。

横歩取り模様に

金井六段vs藤井七段

金井六段は3四飛と横歩を取って、横歩取りのような感じになりましたね。

ただ、金井六段の角道はまだ開いていませんので、通常の横歩取りのように2二角成の筋はないですね。

解説では、△3三金▲3五飛△2四金と飛車を追っていく手も話していました。

それもかなり有力そうですが、藤井七段はあまり指さなそうな気がします。

藤井七段は△4四角でしたね。

通常の横歩取りのように△3三角もあったとは思いますが、▲3七桂~▲4五桂が当たってくるのが気になります。

先に3六歩を突いているので、桂馬がすぐに使えますからね。

警戒する必要がありそうです。

4四角は次に3三金で飛車を取る狙いがありますので、▲2二歩△同角と角を下げさせて、▲3七桂と桂馬を活用していきます。

飛車角総交換の激しい展開に

金井六段vs藤井七段

角交換になった後、▲3五飛とぶつけて、飛車交換になりました。

桂頭が弱点になるので、△3六歩と桂頭を狙っていきます。

スポンサードリンク

ソフトはそれがイヤという判断のようで、▲6六角を読んでいました。

△5七飛成▲同角△3四金の変化ですね。

手番は握れますが、角を手放していますし、飛車を打つところもあまりないので、あまりいいようには見えないですが、それで互角のようです。

ただ、△3六歩が入っても、300点ぐらい後手がいいという評価値ですので、一局です。

金井六段vs藤井七段

ソフト的には、この▲6五桂が悪手とのことで、これで800点ぐらい後手が良くなったようです。

ソフトは、▲3四歩と突いたほうがいいという読みでした。

桂馬が急所に効いてくるので、悪い手には見えないですが、△6四角がピッタリということでしょうか。

一直線の攻め合いに

金井六段vs藤井七段

角成って飛車が成ってと、一直線の攻め合いになりました。

どちらが速いかの勝負ですね。

こういう激しい展開は見ていて楽しいですよね。

解説は3六香か飛車かと話していましたが、藤井七段は飛車を打っていきました。

ソフトは△2九馬という読みで、以下▲2七龍△3八馬▲同龍△3三金で、馬は取られてしまいますが、4六桂の王手龍が受けにくいということみたいです。

単に龍が逃げると、△6四銀としっかり打って、攻めが切れているという判断のようです。

こういう展開はソフトらしい感じがします。

一手見誤ると、すぐに負けになりかねませんので、指しにくい気がします。

急所の桂馬

金井六段vs藤井七段

7六桂はよく出てくる急所の桂ですね。

ここで、▲6九玉と引くと難しかったみたいです。

5八玉は△4五香が急所に刺さってしまいました。

▲6九玉に△4五香なら▲同金△同歩と食いちぎって、▲3二桂成△同銀▲3四歩と攻めていけます。

5八玉で同じようにしてしまうと、▲3四歩に△4六桂と反撃されて、苦しくなってしまいます。

6九玉なら4六桂が王手にならないということですね。

なので、金井六段は4五香を手抜いて攻めにいきました。

ただ、やはり反動がキツかったですね。

投了図以下

金井六段vs藤井七段

▲8六香に対して、歩を叩いていったところで、金井六段の投了となりました。

現状は△4七金▲6七玉△5七馬▲7六玉△6六馬▲8六玉△7五角▲8五玉△7四金までの詰めろとなっています。

▲4八銀で詰めろは回避できますが、一手一手になってしまいますし、後手玉も捕まりませんので、投了やむなしですね。

激しい攻め合いのギリギリの勝負で、最後までどちらが勝つか分からない面白い将棋でした。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*