魂の七番勝負 郷田真隆九段vs青嶋未来五段の棋譜と結果!相掛かり縦歩取り


魂の七番勝負 若手vsトップ棋士の第4局、郷田真隆九段と青嶋未来五段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

本譜は相掛かりになりましたね。

角道を開けてきた所を歩を取りに行って、縦歩取りになりました。

青嶋五段vs郷田九段

△3三金と受けると形が悪くなるので、どうするかですね。

△8四飛と浮いて受ける手もありますね。

青嶋五段は取られても、問題ないということで、△8六歩から一歩交換。

▲3四飛には、△8八角成▲同銀として、△7六飛と取り返しました。

こうなると、相横歩取りに似たような展開ですかね。

ただ、端歩の交換が入っているので、▲7七銀のときに△2六飛とまわれるので、ちょっとお得感がありますね。

青嶋五段vs郷田九段

本来なら、▲1五角の王手飛車がありますが、それが消えているんですね。

ただ、この場合は端歩の交換が入っていなくても、▲1五角に△3三歩と切り返せるので、すぐに終わるような感じではないですね。

横歩取り勇気流でよくあるような形ですね。

ここから、飛車交換になって、▲8三歩と垂らしました。

△同銀なら▲8二歩でしょうか。桂馬のヒモが外れたので、タダで取りにいく狙いですね。

と金もできれば大きいですし、先手がかなり良さそうです。

ということで、△8四飛と打って受けました。

取った飛車をすぐに手放すのは悔しい気もしますが、やむを得ないという所ですかね。

▲8八銀と飛車を成らせないようにして、△8三飛と払ったときに、▲1五歩と端から手をつけていきました。

青嶋五段vs郷田九段

香を吊り上げて、角で香と飛車の両取りですね。

飛車にはヒモがついているので、両取りという感じはしませんが、飛車のほうが得と見れば、飛車を取るのも十分考えられます。

青嶋五段は、△4四角と打っていきました。

△8八角成▲同金△同飛成が入れば勝ちなので、受ける必要がありますね。

▲7七桂と受けて、△1三香と手を戻しました。

スポンサードリンク

飛車を取っても仕方ないということで、▲1二角成としましたが、elmoは飛車を取る手を推奨していました。

取った後は、▲9五歩と9筋からも手を作っていくようです。

ただ、プロは飛車取る手は指さなそうですね。飛車取った後に何かあれば別ですが、そうでもないので。

ただの飛車角交換であれば、指さない棋士が多い気がします。

▲1二角成に△2二金と追って、▲3四馬と逃げました。

ここから馬が追われて、ちょっと嫌な展開になりましたね。

これなら確かに、飛車を取っていたほうが良かったかもしれません。

青嶋五段vs郷田九段

郷田九段は真ん中から一気に攻め込む狙いですね。

青嶋五段は気にせず、△2九歩成。

かなり怖いですが、受けもないので、仕方ないですかね。

▲5三桂成は逃げて、と金を使って攻めてどうかですね。

ただ、郷田九段が攻める展開になりました。

青嶋五段vs郷田九段

龍を作って引きましたが、△5四歩と叩きましたね。

▲同龍は△5三歩ともう一回打つんですかね。

先手取ってどうかですね。

▲6六龍と引いて、△3四歩に▲4六馬と龍と馬を引かせることに成功しました。

さらに、△2四歩と打って、徹底的に受ける狙いですね。

郷田九段は飛車を取りに行って攻め込みましたが、青嶋五段の受けが強くて攻め込めなくなりました。

青嶋五段vs郷田九段

こうなると攻めがなさそうですね。

青嶋五段は△8九角から攻めていって、寄せきりました。

青嶋五段vs郷田九段

後は、▲5九玉と逃げるしかありませんが、△5七香と打って、▲5八歩と合いしても、△4八金▲6九玉△5八金までですね。


青嶋五段の受けがスゴかったですね。

郷田九段が攻められずに、負けてしまいました。

これで、若手の4勝ということになりました。

タイトルも若手が取り始めていますし、世代交代ということなんですかね。

ちょっとさびしい気もしますが、若手が出てくるのはいいことですよね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*