炎の七番勝負第五局 藤井聡太四段vs深浦康市九段の棋譜


藤井聡太四段の炎の七番勝負、第五局。

深浦康市九段と対局した棋譜です。



スポンサードリンク

相矢倉戦になりました。

藤井四段、デビュー戦の加藤一二三九段にも矢倉戦で勝っていますし、矢倉戦もかなり得意とされていますよね。

序盤

藤井四段vs深浦九段

35手目、▲3八飛。

桂馬の後ろに飛車が回りました。

角道を避けるのと、銀を動きやすくするのが狙いでしょうか。

もし、2八に飛車がいるままですと、▲5七銀と銀が上がってしまうと、すぐに△3七角成と桂馬が取られてしまいますからね。

飛車が回っておけば、取られなくなるというわけですね。

それに対して、藤井四段は、△2四銀。

飛車が回ったのを咎める意味と、桂頭狙いですね。

とは言え、角も効いていますから、すぐに△3五歩とはできませんが。

なので、ここからはまた駒組みですね。

中盤

藤井四段vs深浦九段

先に仕掛けたのは、深浦九段でした。

▲5五歩△同歩と突き捨ててから、▲4五歩と開戦。

これに△同歩ですと、▲同桂が銀と角の両取りになります。

なので、△同歩とは取らずに、△7三銀と上がりました。

飛車の小瓶を防ぎつつ、遊んでいる銀を攻めに参加させる狙いでしょうか。

それに対して、深浦九段は、▲1五歩△同歩と端歩も突き捨てて、▲3五歩△同歩と桂頭の歩も突き捨てます。

桂頭は歩が伸びてきて、少し怖い気もしますが。

全部読み切っての手なんでしょう。

そこからさらに、▲4六銀と上がって、桂頭を狙ってくださいって言うからスゴいですよね。

スポンサードリンク

藤井四段vs深浦九段

これは私は、絶対指せません。

桂頭を狙われるのが目に見えていますからね。

ただ、そこからの深浦九段の構想がすごくて、▲4四歩△同角▲4五桂とすることで、飛車道が一気に軽くなりました。

そのまま△3六飛と走ったんですが、浮かむ瀬によると、それが悪手みたいで、100点ぐらいだった点差が、400点ぐらい差が開いてしまいました。

▲3六飛から▲3八飛の手損が痛いということでしょうか。

いつでも取れるので、今取る必要はないってことですかね。

ちなみに浮かむ瀬の推奨手は、▲7七桂です。

一気に攻めにいったんですが、それがちょっと無謀だったということでしょうか。

ただ、時間の短い将棋ですし、実戦的にはまだまだ難しいと思います。

終盤

藤井四段vs深浦九段

勢い良く切っていきましたね。

ここはもう他に指し手も難しいでしょうか。

浮かむ瀬は、▲3五歩△2五銀▲2六歩と銀を追っていった方がいいと言っていますが、それも良くはならないようです。

なので、この攻めの構想が厳しかったんですかね。

ただ、藤井四段の受けも見事ですね。

深浦九段の猛攻を受け切ってからの反撃。

全く隙がなくて、逆に深浦九段の方が焦っているように見えました。

敗着は浮かむ瀬によると、この次の一手だそうです。

藤井四段vs深浦九段

ここで深浦九段は、▲1五香と歩を取って王手したんですが、▲4一角と打っていれば互角だったようです。

歩を守って、玉の退路を狭める一手ですね。

何もしなければ、▲1五香△1四歩▲同香△同玉に、▲2二歩成がまた王手になりますからね。

かと言って、角道を塞ぐ手も難しいですよね。

△3二桂と打つぐらいですが、▲6三角成として、銀に当たってきますからね。

先手玉は危険な格好ではありますが、桂頭の玉寄せにくしで、意外と詰まないんですよね。

とは言え、この局面で冷静に▲4一角は難しいですよね。

単純に怖いですし。

王手かけたくなるのが、人間の心理じゃないかと思います。

実際、深浦九段もそうでしたしね。

ここまで追い込んで、勝利に結びつけるんですから、タイトルを取ってもおかしくなさそうです。

これからもっとすごい対局が見られそうで、楽しみえす。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*