AbemaTVトーナメント準決勝 木村一基九段vs藤井聡太七段の対局速報


AbemaTVトーナメント

AbemaTVトーナメント準決勝にて、木村一基九段と藤井聡太七段の対局が行われます。

木村九段はフィッシャールールにかなり対応されていますし、藤井七段も短い時間の中で、かなり読まれますので、すごい対局になりそうですね。

早指しでありながら、かなり読みの入った手が見られるかもしれません。

スポンサードリンク

成績とレーティング

木村一基九段

今年度成績:8勝7敗(勝率:53.3%)
通算成績:640勝366敗(勝率:63.6%)
レーティング:1779
順位:12位

<戦型選択>

居飛車:100.0%
 矢倉:11.9%
 角換わり:30.5%
 横歩取り:25.4%
 相掛かり:12.7%
 力戦:7.6%
 対抗系:11.9%

藤井聡太七段

今年度成績:14勝2敗(勝率:87.5%)
通算成績:130勝22敗(勝率:85.5%)
レーティング:1909
順位:2位

<戦型選択>

居飛車:98.6%
 矢倉:10.8%
 角換わり:25.9%
 横歩取り:4.3%
 相掛かり:15.1%
 力戦:14.4%
 対抗系:28.1%

その他:1.4%

AbemaTVトーナメント準決勝 木村一基九段vs藤井聡太七段の日程

2019年7月14日(日)20時~23時

三番勝負で、2勝すると勝ちとなります。

持ち時間は5分で、1手ごとに5秒の追加となります。

スポンサードリンク

持ち時間が切れますと、負けとなってしまいますが、今まで時間切れで決着がついたことはありませんので、時間切れは起こらないでしょう。

なにせ、藤井七段と木村九段ですからね。

このルールにおそらく一番順応されている棋士で、時間の使い方がうまいですので。

時間切れの心配はしないで良さそうです。

AbemaTVトーナメント準決勝 木村一基九段vs藤井聡太七段の放送

放送は、AbemaTVにて、行われます。

AbemaTVはこちら

解説は羽生善治九段で聞き手は中村桃子女流初段です。

ついに羽生九段の解説ですね。

藤井七段の対局を羽生九段の解説で見れる。これ以上のものはないですね。

相手も、AbemaTVトーナメントで無敗の木村九段との対局というのも嬉しいです。

戦形予想

木村九段は一番得意なものをぶつけると話していましたので、相居飛車の将棋になるのは間違いないでしょう。

戦形としては、角換わりか相掛かりか横歩取りかでしょうか。

藤井七段は先手番であれば横歩取りも指しますので、横歩取りに誘導するのも有力そうです。

横歩取りは研究勝負になりやすいですし、藤井七段は横歩取りより角換わりの研究に重きを置いていますので、早指しで対応するのが難しいのかなという感じがします。

予想としては、角換わりですね。

木村九段も藤井七段も一番指されていますし、木村九段の言っていた「一番得意なもの」となると、角換わりなのではないかと思います。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*