叡王戦決勝第1局 金井恒太六段vs高見泰地六段の棋譜と結果!横歩取り


第3期叡王戦決勝七番勝負第1局の金井恒太六段と高見泰地六段が対局した結果です。



スポンサードリンク

横歩取りになりましたね。

青野流のように▲5八玉として、△4二銀とあがって、中央を厚くしました。

そこで、▲3六飛~▲2六飛と戻って、2筋から攻めていく狙いですね。

高見六段は△8五飛~△2五飛と高く受けました。

金井六段vs高見六段

お互い桂馬を使って攻めていく展開ですね。

△8五桂と跳ねて、▲2五桂△4五桂と跳ね違いました。

そこで、▲5五角と打ちました。

△9七桂成▲同桂△9六歩と攻めていって、香を取るのは遅いということで、▲3三桂成△同金▲2二飛成として、3三角成の金を取る狙いですね。

▲3三桂成を△同銀と取ると▲2一飛成が金に当たってくるので、苦しいです。

スポンサードリンク

なので、△同金しかありません。

▲2二飛成に△4四歩と受けて、▲2四歩と垂らして、と金を作りにいきました。

金井六段vs高見六段

高見六段も△3七歩と攻め合いにいきました。

さすがに桂馬を取っているのは遅いので、より玉に近い銀を狙って、迫っていきました。

▲2七銀と逃げる手もありますが、くさびが入るので、玉が逃げにくくなります。

金井六段は逃げずに▲2三歩成。△同金▲同龍と手番を握り、△3八歩成▲同金△3七歩ともう一回打ちました。

さすがにと金を作られると困るので、▲4八金と逃げました。

△6二玉と高見六段も逃げて、▲7五金から飛車を狙って、飛車・角交換に成功。

金井六段vs高見六段

△7四桂と銀を狙っていき、▲6五桂と攻め合い。

△8九角と打っていって、▲7九飛と受け、角・金交換。

また△8九角と打って、▲7七飛。

7筋に足したんですが、△6六桂▲同歩△5七桂成で王手龍が決まり、金井六段の投了となりました。

金井六段vs高見六段

この角道がすっと通って龍に当たってくるのが気持ちいいですね。

先に龍を作って、金井六段のほうが有利かなと見ていましたが、ずっと互角の展開だったようです。

▲7五金から飛車を取りにいって、悪くなったようです。

▲3四桂~▲2二龍と龍を使っていって互角とのことでした。

これで、高見六段の1勝となりました。

七番勝負なので、まだまだこれからですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*