折田翔吾アマ(アゲアゲ)の棋譜速報!堀口一史座七段戦・銀河戦本戦


第27期 銀河戦 本戦Aブロック 5回戦の堀口一史座七段と将棋実況者のアゲアゲこと折田翔吾アマが対局した棋譜です。



スポンサードリンク

堀口七段は矢倉にして、アゲアゲさんは居角左美濃急戦ですね。

アゲアゲvs堀口七段

アゲアゲさんは6筋を絡めて攻めて、堀口七段は3筋から攻めていきました。

△3五同歩▲同角~▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲5四飛といった手を狙っていますね。

△同歩なら▲6二角成で金銀と飛車の交換で駒得になります。

なので、▲3五同角のときに△3四角と追い返せば問題ないですね。

アゲアゲさんは無視して△7五歩と攻め合いにいきました。

▲同歩なら△6五桂▲6六銀△8六歩▲同歩△同飛▲8七歩△6六飛▲同金△同角と2枚替えになります。

堀口七段は▲3四歩と取り込んで、アゲアゲさんは△8六歩▲同歩△7六歩と攻めていきます。

▲同銀は角が成られてしまいますので、取るなら▲同金ですが、形が悪いということで、▲6六銀とかわしましたね。

△8六飛と走るのもありますが、いつでも走れるということで、△4五銀と角を追っていきました。

控えの歩で攻めをなくす

アゲアゲvs堀口七段

角交換になって、アゲアゲさんは飛車を走って、8四に引きます。

そこで、堀口七段は歩を合わせて飛車を走ります。

△2三歩とすると、▲3三歩成が飛車取りと2二角までの詰めろになります。

スポンサードリンク

△2二歩と控えて打つことで、2二角と打つことができませんので、▲3三歩成は△2四飛と飛車を取れます。

次に△3四飛とぶつけて、飛車交換を狙う手がありますね。

飛車交換になると、居玉で駒が上ずっている先手のほうが隙が多くなりますので、不利になります。

ということで、▲2八飛と引きましたが、△3四飛と払いました。

合わせの歩で攻める

アゲアゲvs堀口七段

△3六歩と合わせて、▲同歩なら△同銀・△同飛どちらもありそうですね。

△同銀は▲3七歩△2七成銀▲同飛△4五角の両取りがあります。

△同飛は▲3七歩△5六銀▲3六歩△6七成銀が5八金までの詰めろになります。

▲4八玉と逃げても△5八金を入れてから、△6六成銀と銀が取れますので、十分寄せられそうです。

△5六銀のときに▲6八金なら、銀が前に出られて主張が通ったので、△3四飛と引いておいて十分です。

ソフトは△同飛の変化を推奨していました。

アゲアゲさんはどちらを狙っていたのか気になるところですが、堀口七段は▲7四歩と桂馬を狙っていきました。

ただ、桂馬を取られても玉から遠いので、あまり響いている感じはしないですね。

とは言え、攻める場所がそこしかありませんので、仕方ないですが…

こうなると、左美濃が硬すぎますね。

居飛車党必修の角打ち

アゲアゲvs堀口七段

△3九角の筋はホントによく出てきますね。

居飛車を指すのであれば、絶対に覚える必要のある手です。

飛車がとられると持ちませんので、▲2六飛と逃げましたが△6六角成▲同金△5七銀で、金取りと△3七銀不成~△5八銀打までの詰めろです。

△3七銀不成は飛車にも当たってきますので、金が逃げているヒマはないですね。

なので、▲4八銀と引きましたが、金を取られて、銀を捨てて飛車成りまでとなりました。

投了図以下

アゲアゲvs堀口七段

4九金と6八金の詰めろで、受けは効きません。

ということで、投了となりましたね。

アゲアゲさんの快勝でしたね。

次はあのダジャレ解説で有名な豊川孝弘七段との対局です。

これで、プロ相手に5連勝ですからね。

さすがアゲアゲさんですね。強すぎます。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*