第78期順位戦A級 渡辺明二冠vs木村一基九段の棋譜速報!角換わり腰掛け銀


第78期順位戦A級1回戦の渡辺明二冠と木村一基九段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

本局は角換わりになりましたね。

相腰掛け銀で、お互いなかなか動けずに序盤の長い将棋になりました。

5筋位取りvs右玉

渡辺二冠vs木村九段

木村九段は右玉にして、渡辺二冠は5筋位取りですね。

▲4五歩から仕掛けていき、△同歩▲同銀△3二金と2筋を強くして、▲5六銀と再び引きます。

1歩交換できたので、満足ということですね。

矢倉崩しの歩頭の桂

渡辺二冠vs木村九段

矢倉崩しでよく出てくる歩頭の桂の手筋ですね。

ただ、渡辺二冠は堂々と▲同歩と取ります。

△同歩のときに歩がありませんので、受けにくいので、どうするかでしたが、▲7九桂と受けましたね。

△8七歩成▲同桂△8六歩で桂馬は取れますが、一歩入りますので、▲8八歩で今度は受かります。

△8七歩成▲同歩の展開は飛車先は切れますが、一歩損になります。

木村九段もそれに気づいてだと思いますが、「そっか~」とうなずいていました。

そこで、△9五歩と端を絡めて、▲同歩△9七歩と垂らします。

渡辺二冠vs木村九段

▲同香ですと△8七角と打っていくということでしょうか。

香を上げたことで、▲6八玉と逃げると△9八角成が入りますし、▲8八玉は△9六歩で香が取れます。

スポンサードリンク

▲同桂△同歩成なら8筋が突破できそうなので、攻められそうです。

なので、▲8五歩と止めました。

△同飛は▲9七桂が先手で歩を払えます。

そこで、△9六角と打っていき、▲8七桂打で受けて、△8五飛と走ります。

銀を捨てて受ける

△8五飛の次の一手が受けのすごい手でしたね。

渡辺二冠vs木村九段

▲8六銀と銀を捨てていきます。

△同飛▲9七香△8七角成▲同桂と受けます。

先に銀損しますが、角は取れるので、結果的には銀角交換の駒得になりました。

木村九段は△9六歩から吊り上がった香を狙っていきます。

合わせの歩~控えの桂の手筋

渡辺二冠vs木村九段

△8五歩と合わせて▲同歩に、△7三桂と控えの桂を打っていきました。

8五桂が金取りになりますし、玉頭にも効いてくるので、かなり怖いですね。

それでも、渡辺二冠は▲7五歩と踏み込んでいきます。

△8五桂▲8六金が銀取りに当たるので問題ないということでしょうね。

歩の裏の香

渡辺二冠vs木村九段

△7六香と歩の裏側に香を打ちました。

歩がいなければ7七歩で受かりますが、歩の裏から打つことで、歩を打たせなくできます。

▲同金で取れますが、△8七銀不成▲同玉△9七桂成▲同玉△9四香で逃げ道がなくて、かなり怖い形になります。

なので、▲6七玉とかわしました。

これで少し手が続かなかったでしょうか。

△9七桂成が金に当たりますが、歩を連打されて準王手飛車があるので、8四の歩が取れません。

飛車が止められてしまうと、手がないということで、投了となりました。

投了図

渡辺二冠vs木村九段

ここで木村九段の投了ですね。

△同飛は▲9五角で飛車が取られてしまいますし、△同桂なら▲9七桂でしょうか。

まだまだ長いですが、一方的になってしまうので、投了したのでしょうか。

渡辺二冠があまり攻めずに指して、木村九段の強みが出る受ける展開にさせなかったのが、良い木村九段対策でしたね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*