第2回AbemaTVトーナメント予選 八代弥七段vs木村一基九段の棋譜速報!


第2回AbemaTVトーナメント予選の八代弥七段と木村一基九段が対局した棋譜です。


スポンサードリンク

本局は角換わり模様から八代七段が2五歩を決めないということで、△4四歩と雁木を組みにいきました。

ただ、八代七段が4筋を交換していって、角換わりになりましたね。

4筋が切れている分どうなるかです。

右玉vs穴熊

木村九段vs八代七段

八代七段は穴熊にして、木村九段は右玉にしました。

硬さと広さの対決ですね。

△2五銀と1歩取ります。

▲7八銀△3四銀に▲3六歩△同歩▲同金と3筋を交換。

△4七角からさらに一歩取って、▲6七角で馬は消すことに成功します。

馬を作って、と金攻め

木村九段vs八代七段

八代七段があまり動いてこないということで、木村九段もゆっくりと と金を作って攻めにいきましたね。

穴熊が硬いので、と金で攻められればそれが一番ですからね。

と金攻めを許すわけにはいきませんから、八代七段としてもゆっくりはしていられません。

▲4四歩△同銀▲3四歩と桂頭を狙っていきます。

木村九段は逃げずに△5五歩で、八代七段も▲6九飛とさらに馬にあてます。

木村九段vs八代七段

スポンサードリンク

3つ当たっていて、かなり複雑な局面になりました。

△6七馬▲同飛△5六歩の2枚替えは指してみたいですが、桂馬を取られて4七飛で歩も払われますので、そこで手があるかどうかですね。

ソフトは△8六歩▲同銀△7九銀と絡んでいく筋を推奨していますが、かなり細いので、つなげるのは難しそうです。

特に早指し戦ですので、つながるかどうかがなんとも言えません。

木村九段は△5六歩と金を取って、▲3三歩成に△6七馬▲同飛△5七金▲6九飛に△3三金手を戻しました。

歩を突き捨てて遠見の角

木村九段vs八代七段

1筋7筋6筋と突き捨てて、▲1八角の遠見の角。

ただ、▲9三歩△同香を入れて、歩切れになってしまったのが辛いでしょうか。

△8四飛で受けて、▲3七桂と遊び駒の活用。

△4八歩成と木村九段も横から攻めにいきます。

▲2五桂から金を攻めにいきましたが、金が手順に玉にくっついてしまったので、どうかですね。

とは言え、▲2九飛から龍を攻め駒に参加させるのは、この辺りから考えていたのではないかと思います。

木村九段は▲7九銀から着実に寄せにいって、後は自玉が詰むかどうかでしたが、詰まなかったですね。

投了図以下

木村九段vs八代七段

ここで、八代七段の投了となりました。

▲8二金で△同玉なら▲3二龍、△9四玉なら▲9五香で王手は続きますが、詰みませんし、受けもありませんので、投了やむなしですね。

早指しですし、若手棋士のほうが分があるかなと思っていましたが、木村九段は早指しもかなり得意そうでした。

序中盤は時間を増やして、重要な局面で読みを入れて指していて、フィッシャールールに慣れている感じでした。

これは本戦トーナメントでも楽しみですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*