藤井聡太七段vs都成竜馬五段の棋譜速報【第45期棋王戦予選】相掛かり


第45期 棋王戦予選の藤井聡太七段と都成竜馬五段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

都成五段の先手番で、振り駒はやはり藤井七段が後手番でしたね。

ただ単に「歩」が多く出ることが多いのかと思いましたが、そうでもないみたいです。

おそらく、一度しか振り駒で先手が取れていない気がしますし、なにかあるんじゃないかと疑いたくもなります。

振り駒のことはこの辺にしておいて、本局を振り返っていきたいと思います。

都成五段は相掛かりを選ばれましたね。

AbemaTVトーナメントでも横歩を取らせる相掛かりを指していましたし、相掛かりに力を入れているのかもしれません。

横歩を取って激しい展開に

藤井七段vs都成五段

都成五段が飛車交換して、藤井七段も飛車先交換した局面。

8二飛、8四飛のどちらかに引くのが自然ですが、8二飛は棒銀にしたときに受けるのが大変になりますし、8四飛は駒組みが制限されるということで、△7六飛と横歩を取っていきました。

8八角成が入ると負けになってしまいますので、▲2二角成△同銀と都成五段から角交換。

藤井七段vs都成五段

▲8二角も見えますが、△7八飛成▲同銀△9二金で金・香交換の駒損になります。

ということで、▲7七歩△7四飛と金を守ってから、▲8二角と打ちます。

△9二香▲9一角成△8三角は部分的な定跡ですね。

一応この進行も順位戦の近藤四段vs増田四段戦であったとのことでした。

その対局は千日手とのことでした。

なので、ここも定跡といえば定跡ですね。

△9四歩から定跡を外れる

藤井七段vs都成五段

ここで、定跡を外れたみたいです。

順位戦では△7一金と寄ったとのことですが、藤井七段は△9四歩としました。

ただ、狙いはあまり変わらなそうです。

9三桂~8一金と馬を捕獲する狙いだと思いますので。

順番が変わったのがどうなるかですね。

「敵の歩がない筋を突け」の格言通りに▲8五歩と角頭を狙っていきます。

△9三桂と8五歩を受ける手もありますが、7三の効きが弱くなりますので、▲7六飛とぶつける手が出てきます。

飛車が逃げれば、飛車が突っ込んできて、△同銀▲同馬が王手角になります。

ということで、△5四飛▲6八銀としてから、△9三桂と跳ねました。

これなら、▲7六飛と回られても6二金でも6二玉でも受けられます。

スポンサードリンク

強く顔面受け

藤井七段vs都成五段

▲7六飛と回って、7三の地点を狙った手に対して、△6二玉と顔面で受けましたね。

△6二金なら穏やかですが、△7一金~△8一金の馬を捕獲する手も見せた強い手ですね。

攻めを催促している意味もありそうです。

当然、8一金を許すわけにはいきませんので、▲8二馬と引いて、攻められるようにします。

△7一金には▲8三馬△同銀▲4六角の狙いがあります。

△2五飛とかわしつつ飛車成りを見せました。

藤井七段vs都成五段

▲3九金なら△7一金なんでしょう。

▲7三飛成△同銀▲8三馬と本局のように進んだときに△8二金で香を守れるようになります。

なので、飛車成りは受けずに▲7三飛成と踏み込んでいきましたね。

龍を無力化する▲3六歩~▲3七角

藤井七段vs都成五段

▲3七角が龍を無力化しつつ銀もにらんで攻防に効いた味のいい角ですね。

△1八龍なら▲1九香で龍が詰んでしまいますので、△2八香と打つしかありません。

香を使わせられて、戦力ダウンできるのも大きいです。

桂馬を取れれば藤井七段としても香を打った価値は十分ありますが、現状では龍が取られてしまいますので、角をどうにかする必要があります。

都成五段は▲7六香と銀を狙って、攻めの拠点にします。

色んな攻め筋がありそうな局面

藤井七段vs都成五段

ここは色んな攻め筋がありそうで、迷う局面ですね。

▲8二角成もしたいですし、▲6四桂も指してみたいです。

ただ、▲8二角成は△7六銀▲同歩△8一香のような手がありそうです。▲同馬しかないですが、△8三飛が馬の両取りになります。

そこで、▲8四香で切り返せるようで、難しいみたいですが。

馬を外されるのは流れが変わってしまいそうで、イヤですね。

6四桂は角道が止まるので、玉が逃げられたあと、4五桂で狙われたときが怖いですね。

8二角成ができないですからね。

何を指してもイヤな手がありますが、都成五段は▲7二香成△同金▲6四桂で金を取りにいきました。

単に▲6四桂と打つのと違い、桂馬が6四に残りませんので、角成はできるようになります。

ただ、成桂が玉から離れてしまいますので、攻め駒に使えるのかどうかが難しいところです。

仕方なく龍・馬交換へ

藤井七段vs都成五段

△2九香成は入れないとしかないということで、桂馬を取って、龍・馬交換になりました。

成香がそっぽに行ってしまうのも辛いですが、どちらにしても龍と香が使えない状態ですので、仕方ないですね。

後は都成五段が馬が入って一気に寄せました。

投了図以下

藤井七段vs都成五段

ここで、藤井七段の投了となりました。

△3五玉で即詰みはありませんが、▲3六香△4四玉▲2六金と角を外して、△同飛成には▲6六角△5五銀▲3四飛で詰みとなります。

都成五段がスキのない指し回しで、藤井七段にチャンスが回ってこなかったですね。

素晴らしい将棋でした。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*