第2回AbemaTVトーナメント予選 糸谷哲郎八段vs都成竜馬五段3局目の棋譜


第2回AbemaTVトーナメント予選の糸谷哲郎八段と都成竜馬五段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

本局は相掛かり模様の将棋になり、都成五段は一歩取らせて、手得を主張に指していきました。

糸谷八段vs都成五段

△5三銀左とすれば、嬉野流に合流しますが、△5三銀右としました。

やはり左の銀は守りの銀ですので、繰り出していくのはリスクが高いからでしょうか。

その後は、お互い雁木のような形になりました。

都成五段が積極的に仕掛ける

糸谷八段vs都成五段

都成五段は一歩損していますので、先に動いて一歩の分を取り返したいですね。

ということで、中央から動いていき、△4五歩と仕掛けます。

▲同歩△同銀ですぐに手があるわけではありませんが、一歩持っているのと持っていないのではかなり違いますので、技を仕掛けるためにも一歩持っておきたいです。

その一歩を取りに行ったところですね。

糸谷八段は▲5六銀左とあがって、△4六歩▲同銀と銀を2枚進出させていきます。

ただ、角頭が弱くなってしまったので、△7五歩から攻められます。

バラバラな陣形vs雁木

糸谷八段vs都成五段

都成五段は雁木がしっかり組み上がり、糸谷八段は陣形がバラバラになってしまいました。

その上、どの駒も動かせないということで、▲9八香と手渡し。

感想戦でも、勝ち筋が全く分からなかったと話していました。

スポンサードリンク

さらに、△4七歩と打たれて、▲同銀は△6五歩が厳しいので▲2八飛と逃げて、くさびが入ります。

角交換してから雲行きが…

糸谷八段vs都成五段

△6五歩から角交換していき、6六角があるので、もう一回角を打ち直すかどうかでしたが、△6五桂と跳ねていきました。

感想戦では△6六角は▲8四角がイヤで、2二角や3三角は一方にしか効いていないので、打ちたくなかったとのことでした。

ただ、▲6六角が入って、糸谷八段も元気が出てきました。

△7一飛に▲4四歩と銀を取りにいきます。

ここでも△3三角であれば、銀を取れば角が取れるので、それでどうかといった所だったみたいです。

ただ、時間がありませんので、△7七歩成から動いていきます。

角を抜きにいく

糸谷八段vs都成五段

△5八歩▲同金と金を吊り上げて、△7四桂と角を抜きにいきます。

金をあげたことで、角を取ったときに金取りになります。

なので、手抜きにくいところですが、糸谷八段は冷静に▲7二歩と一度叩いて、△同飛とあげてから▲4三歩成。

△6六桂に▲5二と△同飛▲4四桂と6六桂も手抜いていきます。

飛車を封じ込める

糸谷八段vs都成五段

飛車が成りこまれてしまったら、さすがに持ちませんので、▲6三歩と飛車を止めにいきます。

△同飛は▲5二銀の王手飛車もありますし、▲5二金から詰みます。

おそらく、糸谷八段は読み切っていたようですし、△同飛であれば▲5二金から詰ましにいったでしょうね。

△7二飛に▲7三歩ともう一回叩いて、△同飛と取りましたが、▲5二金から詰みとなりました。

投了図以下

糸谷八段vs都成五段

ここで、都成五段の投了となりました。

以下は△同銀▲同銀左△4三玉▲4二銀成までとなります。

序中盤は都成五段がうまく指して作戦勝ちになりましたが、そこからの糸谷八段の粘りがスゴかったですね。

この大逆転劇もフィッシャールールの醍醐味で、このルールならではの面白い将棋が見られました。

これで、糸谷八段の本戦出場が決まりました。

あと1人誰が本戦出場となるのでしょうか。

楽しみです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*