順位戦A級 広瀬章人竜王vs羽生善治九段の棋譜速報!相掛かり


第77期順位戦A級9回戦の広瀬章人竜王と羽生善治九段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

本局は相掛かりになりましたね。

▲7六歩を突かなかったので、広瀬竜王が誘導した形でしょうか。

竜王戦では、かなり角換わりを指していましたが、研究を外す狙いもあったかもしれません。

ただ、羽生九段は何でも研究していそうですし、相手の戦形に堂々と受けていくことが多いですので、それほど気にしていないでしょうね。

△7四飛のけん制:実は厳しい狙いがあった!?

広瀬竜王vs羽生九段

羽生九段は、△7四飛と回って、7六の歩を狙っていきましたね。

3六歩を突かれていて、3五歩~ひねり飛車にはできませんので、形を悪くする狙いですね。

▲7七金△8四飛とすぐに戻ります。

▲7八金と引いたら、△7四飛で千日手ですね。

羽生九段は後手番ですので、広瀬竜王が▲7八金とするのであれば、△7四飛と千日手を狙ったと思います。

なので、▲4八金と駒組みを進めて、△7四歩と7四飛がなくなったところで、▲7八金と戻ります。

すぐに△7四歩▲4八金としたのと変わらないですね。

ただ、すぐに△7四歩は▲4七銀の変化も生まれてくるので、それを消したという意味はありますね。

7七金の形で▲4七銀は、△7七角成▲同桂△8七飛成の攻めが成立しやすくなるようです。

▲6五桂△7七金▲同角△同龍の銀取りが受けにくいです。▲6八銀ぐらいですが、△7六龍で桂取りに当てることもできますし、△7八龍で玉を睨むこともできます。

広瀬竜王の▲4八金のときに同様に角成りから攻めると、銀取りを▲2九飛で受けられるので、先手も悪くないということみたいです。

素人目には、どちらにしても、龍ができているほうが良いように見えますが、プロはそうはいかないんでしょうね。

そこからは駒組みが進みまして、穏やかな展開になりましたね。

駒組みを発展させる角交換

広瀬竜王vs羽生九段

スポンサードリンク

広瀬竜王から角交換していきまして、▲6八銀と銀を中央に使っていきました。

単に▲6八銀とすると、△8八角成▲同金で形を悪くされてしまいますので、先に角交換して、銀は中央に使って行きたかったということでしょうね。

2枚落ち定跡の銀多伝のように4六に銀を持っていって、金銀を並べました。

バックの歩の手筋

広瀬竜王vs羽生九段

羽生九段は9四に角を打って、7六角と一歩取って、8七を狙っていきました。

銀がいませんので、△8七角成▲同金△同飛成が入ると、玉が薄いですし、終わってしまいますね。

一見受からないように見えますが、ここで覚えておきたい手筋が、「バックの歩」ですね。

▲8六歩△同飛と取らせて、▲8八歩と受けることで、角の利きを反らせるので、受かります。

8七にいた歩が8八に下がったように見えるため、バックの歩という名前がついています。

△8七歩と合わせる手も見えますが、▲7七金が両取りになるので、少し無理そうです。

羽生九段は、争点を増やして、△6六歩と玉の小びんも狙っていきました。

押さえ込めるか? さばけるか?

広瀬竜王vs羽生九段

広瀬竜王は金銀全部盛り上がって、押さえ込みにいきました。

羽生九段は陣形が整っていますので、さばいていきたいですね。

飛車と飛車の交換や角と角の交換になれば、先手陣のほうが打ち込む隙が多いので、勝ちやすい展開になります。

ということで、△8六飛と8一に引いた飛車をあげて、角取りですね。

角が逃げると銀が取られてしまいますので、▲4七玉としましたが、△6六飛▲同歩と構わず切っていきました。

陣形がバラバラな分、飛車・角交換でも得という判断でしょうね。

羽生九段は△5四歩~△5八角打と一気に攻め込んでいきます。

羽生九段の猛攻

羽生九段が厳しい攻めで、一気に攻め込んでいきます。

広瀬竜王vs羽生九段

ここで、▲4四歩と反撃にいきましたが、△3八銀が厳しくて、収集がつかなくなってしまったでしょうか。

ソフトは▲6八飛と打っていれば、先手が少し指せるとのことでした。

△5九銀と使わせられれば、▲6九飛と引いておいて、攻めがありません。

ただ、自陣飛車は先手も攻めがなくなってしまいますので、指しにくい手ですね。

投了図

広瀬竜王vs羽生九段

△2九馬と飛車を取られて、広瀬竜王の投了となりました。

現状は、△3六飛▲2七玉△3八馬▲1八玉△1六飛▲1七歩△2九馬▲2七玉△3八角成までの詰めろです。

▲4六金で受かりますが、△2八飛から下から攻められて、一手一手です。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*