王将戦一次予選 井上慶太九段vs藤井聡太六段の棋譜と結果!相矢倉戦


第68期王将戦一次予選の井上慶太九段と藤井聡太六段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

井上九段は矢倉にして、藤井六段も矢倉にしました。

ガチガチな矢倉ではなく、藤井六段は急戦矢倉で先に攻めにいきました。

藤井六段vs井上九段

△6五歩と仕掛けていき、▲同歩なら△5五歩▲同歩△同銀▲同銀△同角という展開ですね。

井上九段は取らずに▲3五歩。

△6六歩▲同銀△8六歩▲同歩としてから、△3五歩と取って、▲同銀△同銀▲同角。

そこで、△8六飛と走って、▲8七歩△8五飛。

藤井六段vs井上九段

▲7一角成と馬を作る手も見えますが、馬の働きがあまり良くないので、一手パスになりかねないですね。

なので、▲4六角と引いて桂馬に当てました。

△6四歩▲7七桂△8一飛と飛車も引かせて安全にしてから、▲2四歩から飛車先交換。

藤井六段は△4五銀と打っていき、角を狙っていきました。

藤井六段vs井上九段

その後、桂交換になって、桂馬を打ち込んでいきました。

▲8八金なら△4四角から角交換を狙って、△5八角を狙っていく展開でしょう。

井上九段は▲6八金寄と強く出て、飛車を成らせました。

▲8八歩と受けておいて問題ないという判断ですね。

スポンサードリンク

▲3七桂から桂・銀交換して、藤井六段は△4四角とぶつけていきました。

藤井六段vs井上九段

▲3三歩と焦点の歩。

△同金・△同角は▲4五桂が味良すぎますね。桂馬が使えてきて、先手が取れますので。

なので、△同桂として、▲3五歩と角交換を拒否しつつ桂頭を狙っていきました。

藤井六段は△5一玉と安全な方に玉を逃しました。

▲7九玉と井上九段も逃げて、△3五角から角交換。

藤井六段vs井上九段

▲2一銀と打って、▲6四歩と叩いていきました。

△同銀なら▲3一角が金銀両取りになります。

なので、△3六歩と桂頭を狙って、攻め合いにいきました。

藤井六段vs井上九段

またすごい手が飛び出しましたね。

桂馬を捨ててしまって、△3四角と飛車・金両取り。

飛車が逃げれば、金を取って、▲同金は△7八金で詰むので、馬は取れません。

なので、▲4五飛と逃げましたが、△4四歩と突いて、▲2六桂と角を狙っていきました。

△4四歩▲3四桂△同金で2枚替えにはなりますが、金が引っ張り上げられて、玉が薄いので、怖すぎますね。

ということで、△4五角と取っていって、△4七とと迫っていきました。

▲8九玉と逃げて、△5九飛と下ろしました。

後はと金で攻めにいきましたが、▲9五角と攻防の角を打って、▲3四桂と跳ねていきました。

藤井六段vs井上九段

△同金は▲4三銀でも▲1五角でもかなり危ないですね。

△5二玉と逃げましたが、▲1五角と打たれて、2枚の端角がかなり効いています。

と金が迫っているとはいえ、井上九段の玉のほうが安全で、馬を2枚作って、一気に寄ってしまいました。

藤井六段vs井上九段

以下、△9四玉▲8五馬△同玉▲8三龍、合駒に▲8六香△9五玉▲8四龍で詰みですね。

藤井六段も井上九段も技を駆使しての将棋で、派手な手も多くてかなり面白かったです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*