AbemaTVトーナメント決勝第3局|佐々木勇気六段vs藤井聡太七段の棋譜と結果!相雁木


第1回AbemaTVトーナメント決勝の佐々木勇気六段と藤井聡太七段の第3局です。



スポンサードリンク

藤井七段が雁木にして、佐々木六段も雁木にしましたね。

相雁木の対局で、じっくりした将棋になりました。

藤井七段vs佐々木六段

藤井七段は飛車を浮いて、△7五歩▲同歩△同銀のときに▲7四歩の桂頭を受けましたね。

▲9五角△8三飛▲5九角と引きます。

また△8四飛として、▲9五角なら千日手ですね。

藤井七段は後手番ですので、千日手は歓迎だと思いますので、佐々木六段が千日手を選ぶのであれば、そうなったと思います。

佐々木六段は▲7七金とあがって8筋を受けました。

雁木で7七金型にするのはよくある手ですね。

あとは角をどこに転換するかですが、2六にしましたね。

藤井七段も5三角と受けます。

藤井七段vs佐々木六段

藤井七段が先に△7五歩と仕掛けていきます。

▲同歩△同銀でもすぐには破れませんので、その変化もあったと思います。

佐々木六段は▲1五歩として、取り込ませて▲同銀の形にしましたね。

そこで、△8六歩▲同歩△8五歩と継ぎ歩で攻めていきます。

スポンサードリンク

▲同歩△同桂として▲8六金に△9七桂成と端も絡めていきます。

藤井七段vs佐々木六段

△8六歩と垂らして▲同金の形にします。

金が玉に近づいて硬くしたようにも見えますが、角道に入ってくるので、△6五銀みたいな手も出てきますね。

先に△2四香の田楽刺しを入れます。

感想戦で藤井七段も言っていましたが、これには▲2八香がいいみたいですね。

△2六香▲同香の形は次の2三香成が受けにくくなります。

佐々木六段は▲2五歩として△同桂に▲6五飛と周ります。

△3七桂成と桂馬を取って、△7四桂と攻めていきます。

藤井七段vs佐々木六段

△7七歩と叩いて、▲6八玉なら△6六桂で歩が生きてきます。

△同桂は▲7六歩で取られてしまいますので、△同玉しかないですね。

そこで、△9五歩▲9七金△8六銀と出て▲同金△同角と金・銀の交換になりました。

▲8八玉で耐えていたようで、150点ぐらい先手のほうが指せるようです。

△2七香成と玉の逃げ道を断ってから8筋から攻めていきます。

藤井七段vs佐々木六段

佐々木六段は攻め駒を攻めて、強く受けていきます。

ただ、△8六歩と打って、▲7四歩△8七歩成▲同銀△7七歩と叩いて、▲同桂に△9七歩成から馬を作ります。

7七歩のときに▲8八玉で馬は作られませんが、感想戦では△8七飛成と飛車を切る変化をやっていましたね。

それで、やはり後手が少し指せるようです。

馬を作ってからは藤井七段が一気に寄せました。

藤井七段vs佐々木六段

ここで佐々木六段の投了となりました。

現状は△7七馬▲7九玉△8八龍までの詰めろですね。

▲5九玉と早逃げするしかないですが、香を取られて、ゆっくり迫っていって一手一手になってしまいます。

成香が効いていて、玉の逃げ道がありませんので、受けが効かないですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*