第3期叡王戦本戦 準決勝 丸山忠久九段vs高見泰地五段の日程と中継


第3期叡王戦本戦の準決勝にて、丸山忠久九段と高見泰地五段との対局が行われます。

高見五段がすごい調子いいですよね。

豊島八段、渡辺棋王に勝っての準決勝ですからね。

丸山九段も油断できないと思います。

激辛流の丸山九段が油断するとは思いませんが。

いずれにしても、すごい白熱した対局になりそうで、楽しみです。

また、決勝戦の相手はすでに決まっていて、金井恒太六段との対局になります。

金井六段も佐藤名人、佐藤会長、行方八段と全員A級棋士に勝ち続けています。

なので、決勝戦もかなりすごい対局が見られると思います。

叡王戦も目が離せないですね。

スポンサードリンク

日程

2018年1月29日(月)14時から行われます。

持ち時間は3時間で、切れると1分の秒読みとなります。

夕食休憩時間:18時~18時40分

中継

中継はニコニコ生放送の独占となります。

スポンサードリンク

解説は深浦康市九段で、聞き手は鈴木環那女流二段です。

戦型予想

丸山九段も高見五段も居飛車党ですね。

相居飛車の将棋になるのは間違いないかと思います。

特に丸山九段は角換わりを得意としていて、角換わりを指すことが多いですね。

丸山九段の角換わりが強すぎるということで、避ける棋士も多いです。わざわざ相手が得意な戦法に持っていく必要もありませんからね。

最善な方法だと思います。

避けられたときは、雁木を指したりもしていますね。

その他には横歩取りも指すこともあります。

対して、高見五段は矢倉や横歩取りが多いです。

角換わりはあまり見ませんが、どうなんでしょうね。

得意でない場合は、避ける可能性が高くなりそうです。

そうなると、矢倉や雁木となるでしょうか。

高見五段は矢倉も雁木も指すので、どちらもありそうです。

戦型は、高見五段が矢倉で、丸山九段の雁木と予想したいと思います。

丸山九段の得意な角換わりは避けたいでしょうし、避けるとしたら矢倉にするのかなと思いましたので。

どんな対局になるのか、かなり楽しみです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*