王座戦 藤井聡太四段vs平藤眞吾七段の対局中継・日程情報


第66期王座戦一次予選にて、藤井聡太四段と平藤眞吾七段の対局が行われます。

王座戦は、小林九段に勝って、2戦目ですね。

あと3回勝つと予選通過となります。

藤井四段と平藤七段は棋王戦予選と銀河戦予選にて、二度対局しています。

そのときは、棋王戦予選のときは、角換わりで、銀河戦予選では平藤七段が四間飛車にしましたが、いずれも、藤井四段の勝利となりました。

これで、3度目の対局となりますが、平藤七段がリベンジなるかですね。

スポンサードリンク

日程

第66期王座戦一次予選の藤井聡太四段と平藤眞吾七段の対局は、2017年11月21日(火)10時から行われます。

持ち時間は各5時間の1日制です。

中継

中継はニコニコ生放送とAbemaTVの両方で行われます。

・ニコニコ生放送

解説と聞き手は、佐藤紳哉七段と安食総子女流初段です。

解説は、12時40分からとなります。

・AbemaTV

AbemaTVはこちら

スポンサードリンク

解説は、横山泰明六段、大平武洋六段、黒沢怜生五段で、聞き手は本田小百合女流三段と上田初美女流三段です。

戦型予想

平藤七段は、オールラウンダーですね。

居飛車でも振り飛車でも何でも指せます。

なので、藤井四段との2度の対局で、角換わりと四間飛車で挑んだんですね。

どちらも、藤井四段の勝利という結果になりましたが。

そうなると、次はどうするんでしょうか。

力戦系に持っていくのも手かもしれないですね。

平藤七段は力戦も得意とされていて、面白い差し回しをしたりもしています。

面白いだけでなく、結果もしっかり残していますので、力戦系も力を発揮します。

ただ、藤井四段も力戦系に強く、うまくとがめてきますので、うまくいくかどうかは難しい所ですね。

相居飛車の将棋になるとしたら、相掛かりも得意とされていますので、相掛かりになる可能性も高そうですね。

戦型予想としては、力戦系にならなかったとしたら、相掛かりですね。

さて、どんな将棋になるでしょうか。

さすがに、3度も負けるわけにはいかないと思いますし、対策も十分練ってくるのではないかと思います。

かなり熱い対局がみられるのではないかと期待しています。

棋王戦予選 藤井四段vs平藤七段|角換わり

銀河戦予選 藤井四段vs平藤七段|四間飛車

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*