第5回将棋電王トーナメント決勝shotgun vs 平成将棋合戦ぽんぽこの棋譜!相矢倉


第5回将棋電王トーナメント決勝のshotgunと平成将棋合戦ぽんぽこが対局した棋譜です。



スポンサードリンク

どちらもそれほど有名ではありませんが、やねうら王チルドレンと呼ばれるやねうら王での評価関数だそうです。

将棋ソフトの中身に関しては詳しくないので、それ以上のことは良く分かりません。

さて、本局に移りましょう。

本譜は、矢倉になりましたね。

shotgun vsぽんぽこ

shotgunはしっかり金矢倉を組んで、ぽんぽこは、銀を繰り出していって、急戦矢倉のような感じですね。

飛車先は交換されますが、中央制圧していってしまおうという狙いですね。

飛車先交換の後に、▲5五歩と仕掛けて、△同歩に▲9五歩と間合いを図るんですね。

▲同銀で一歩交換するだけなら意味がないということでしょうか。

ただ、それに代えて▲9五歩も意味があるのかというと、良く分からないですが。

最強のソフトが指すので、意味があるんでしょうね。

shotgunはとがめにいて、△8六歩▲同歩△同飛▲8七歩に△8五飛と歩を取らせないようにしました。

shotgun vsぽんぽこ

ここでぽんぽこは▲4五歩と仕掛けに行きましたね。

△同歩に▲7五歩と桂頭を狙っていきました。

△同歩なら▲4五桂~▲7四歩で桂馬が取れそうですね。

なので、△3一玉と寄って、▲7四歩には△6五桂と跳ねました。

スポンサードリンク

拠点を作るのが狙いだったんでしょうか。

▲4五桂とぽんぽこも跳ねて、△4四銀に▲5三歩と垂らしました。

shotgun vsぽんぽこ

これは参考になる攻め方ですね。真似できるかどうかは別問題ですが。

金駒が取れれば、7六に打って桂馬が取れるので、桂馬が取れても金駒がまるまる損することになります。

なので、△4五銀と桂馬を外すしかなくて、▲5二歩成とと金を作ることに成功しました。

角と銀にあたっていて、両取りになっているのも痛いですね。

△6四角と逃げて、▲6五銀△同飛に▲2四歩△同歩を入れてから、▲5七桂。

6二とと銀は取らないんですね。銀を取るよりも玉から遠ざかるほうがマイナスということですね。

こういうのも勉強になる攻め方ですよね。

5七桂には両取り逃げるべからずで、△4六歩と攻めにいきました。

▲6五桂と飛車を取って、△4七歩成▲同金。

shotgun vsぽんぽこ

先手がかなりいいように見えますが、elmoの評価値は50点ぐらいで全くの互角とのこと。

人間同士なら、先手を持ってみたい人が多いんじゃないかと思いますが、どうなんでしょうか。

ここからは、△2二玉と早逃げして、▲2三歩△同玉に▲2五歩と合わせていきました。

△同歩は▲同飛で十字飛車ですが、▲6一飛という手もあるようです。

△7六桂と角を狙って、▲2四歩△3三玉と逃げて、▲4一飛に△1二銀と受けました。

▲5三とから銀を取って、▲7九角とかわしました。

shotgun vsぽんぽこ

ここから、とにかくshotgunが受けて、ぽんぽこが攻める展開が続きましたね。

最後はぽんぽこが寄せ切って、ぽんぽこの勝利となりました。

shotgun vsぽんぽこ

終始ぽんぽこが攻めて、リードしているような展開でした。

WCSC27(第27回世界コンピュータ将棋選手権)で優勝したelmoは6位という結果になり、将棋ソフトもあれからさらに強くなったことを伺えます。

いったいどこまで強くなるんですかね。

将棋ソフトのこれからも楽しみです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*