藤井聡太棋聖誕生!棋聖戦第4局、渡辺明棋聖に勝利!棋譜振り返り


第91期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負の渡辺明棋聖と藤井聡太七段の第4局にて、藤井七段が勝利して、藤井棋聖となりました。

渡辺棋聖といえば、逆境に強くて、後1敗するとタイトルを取られるというところから、連勝して防衛することも多かったですが、藤井棋聖が上回りましたね。

見事な指し回しで、渡辺棋聖を跳ね返しました。

これで、最年少のタイトルホルダーの誕生ですね。

しかも、王位戦も木村王位と戦われていて、2連勝中とリード。

このまま行くと最年少で2冠というのも見られるかもしれません。

王位戦も楽しみです。

スポンサードリンク

棋聖戦第4局の棋譜振り返り

棋聖戦第4局は、第2局と同じ矢倉になりました。

渡辺棋聖が全く同じ形に誘導して、急戦矢倉で攻めていき、藤井七段が受け止める展開になりました。

全く同じ展開になれば、藤井七段の勝ちとなりますので、渡辺棋聖としては、何か用意があったということでしょうね。

具体的には▲9六歩△1四歩の交換を入れていましたが、それがどこまで変わるのかは難しいところでした。

棋譜のソフト検討結果

序中盤は渡辺棋聖がリードしている展開だったようで、Abemaのソフトでも55%~60%渡辺棋聖が有利とのことでしたね。

スポンサードリンク

難しくなったのが下の局面。

渡辺明棋聖vs藤井聡太七段

▲6四銀から銀交換になり、▲同角に△6一桂と角成を防いだ局面ですね。

ここで、▲6五桂と攻めにいったのが指しすぎという判断のようです。

本譜のように△8九歩成▲5三桂不成△同桂▲7三角成と攻めが続きますが、△3八銀が厳しい切り返しですね。

これで飛車が捕まっている形で、飛車交換になると、△7九飛の一手詰めになりますので、先手が厳しいです。

なので、▲5九飛と逃げますが、壁になってしまい、玉の逃げ道がないので、△8六桂から受けがなくなってしまいました。

ソフト的最善手

上記の局面から、ソフトによると▲7八玉と一手入れるのが良いようです。

△8九歩成▲同飛となれば、玉も飛車も安全になります。

火種もなくなったところで、▲6五桂を狙っていけば、十分です。

とはいえ、あそこは6五桂から攻めにいって、一手勝ちを狙いたい局面ですし、7八玉は指しにくい気もします。

ただ、ソフトによって将棋の精度もあがっていますし、こういうところで間違えられなくなっているんでしょうね。

厳しい世界なのが改めて、思い知らされます。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*