藤井聡太五段vs羽生善治二冠!朝日杯将棋オープン戦の棋譜と結果


ついに行われましたね。

藤井聡太五段と羽生善治二冠の公式戦。

これほど早く実現するとは、誰も思っていなかったのではないでしょうか。

それほどまでに、藤井五段がすごいということですよね。

では、朝日杯将棋オープン戦の藤井聡太五段と羽生善治二冠の棋譜をどうぞ。



スポンサードリンク

角換わりの出だしから、羽生二冠が角換わりを拒否して、雁木にしました。

それに対して、藤井五段は急戦で積極的に仕掛けにいきましたね。

羽生二冠vs藤井五段

ここで、▲4五歩と仕掛けて、△同歩▲3三角成△同桂と進みました。

▲2四歩から飛車先を交換して、△4四角。

▲7七角と合わせて、△同角成▲同銀と形を決めさせて、△7三桂と上にあげた銀を狙っていきました。

羽生二冠vs藤井五段

羽生二冠も着々と攻めの形を作りましたね。

ただ、先に藤井五段が動いて、▲1七角と打っていきました。

次に▲4四歩と打てれば銀が取れるので、△4四角と合わせて、▲同角△同銀としました。

銀を囲いから離して、玉を薄くしてから、▲1五歩と端から攻めて、△同歩▲2四歩△同歩▲1五香。

羽生二冠vs藤井五段

△同香は▲2四飛と走って、△2三歩には▲1四飛で飛車成りと香取りが受からないですね。

ただ、△2三歩に代えて、△8一飛と引く手があり、▲1四飛には△7五歩から反撃して、後手が300点ぐらいいいとのことでした。

羽生二冠は▲1二歩と争点を消して、攻めさせないようにしました。

▲2四飛△2三歩▲2九飛となり、実質一手パスみたいな感じですね。

端歩の交換は入っていて、香が前に進んでいますが、局面が動いたとはいえませんので。

そこで、△7五歩と反撃。

羽生二冠vs藤井五段

▲同歩なら△6五桂と跳ねたいということですね。

7筋の歩を切ることによって、△7七歩が打てるようになるので、桂馬がタダで取られる心配がなくなります。

▲6八銀と引かれて、△8六歩から飛車先交換したときに、▲6六歩とすぐに桂馬が狙われてしまいますが、そこで△7七歩が入るのが大きいということですね。

角換わりの6五桂急戦や4五桂急戦にもよくある筋ですね。

藤井五段は取らずに▲6六銀とあがりました。

これで、桂馬が跳ねにくくなりましたね。

スポンサードリンク

△6五桂が何も当たらないので、▲7三角と打たれて、馬を作られてしまいます。

なので、△9五歩と端から手を作りにいきましたね。

▲同歩△9七歩▲同香と吊り上げて、△8六歩から飛車先交換。

羽生二冠vs藤井五段

藤井五段も▲3五歩と攻め返して、△同歩は▲3四歩と打たれて桂馬が取られてしまうので、△同銀の一手ですね。

▲5五銀左とぶつけていって、△8八歩▲同金の形にしてから、銀を取りました。

藤井五段もただでは取らずに、▲4三歩。

玉が逃げるのも、くさびが残ってイヤですし、△同金左は▲6三角と打たれて、飛車が逃げて、金を持ったら4一に打たれて詰みになるので、イヤですね。

かと言って、△同金左も飛車成りが残るので、どうするかだったんですが、羽生二冠は△同金左を選びました。

▲5五銀と取って、△9九銀。

羽生二冠vs藤井五段

8八の1つしか動けないので、あんまり感触は良くなさそうですが、勝負手としてはアリでしょうか。

ソフトは、悪いと言っていて、△9六歩▲同香として、△7六歩と取り込む手を推奨していました。

遅いように見えますが、それで間に合うんですね。

速度感が難しいです。

本局は△8八歩として、藤井五段は飛車が成り、羽生二冠はと金を作りました。

▲6八玉と逃げて、△3二角▲2二龍△2一歩と受けました。

羽生二冠vs藤井五段

龍を閉じ込めることに成功しました。

そこで、△3六桂と攻めにいきましたが、持ち駒がないので、攻めをつなげるのは厳しそうです。

▲3八金と逃げて、△7六歩と取り込みましたが、▲2三歩。

この垂らしが厳しいですね。

歩成りに△同歩は▲8一龍と飛車が抜かれてしまいます。

かと言って、△同角は▲2七香と打たれて、歩が打てませんし、角が逃げれば▲2二香成で歩が成ったのとそれほど変わりません。

△7七歩成▲5八玉△4四金と角道を通しました。

ただ、▲4三歩と打たれて、△同玉と吊り上げられて、金を取りました。

羽生二冠vs藤井五段

▲6六角と打って、△5五銀▲同角△同玉▲5六銀△5四玉。

そこで、▲2二歩成と角を取りにいきました。

▲7二角と打てれば、厳しいですね。

なので、△4三角と逃げて、▲7四歩と桂馬を狙いましたが、△4六銀と玉頭を攻めつつ、3筋からの逃げるルートも作りました。

ただ、桂馬を取られて、詰めろですね。

△8五飛と受けば受かりますが、受けていても仕方ないということで、△7九角と形作り。

ソフトは△8五飛で-300点ぐらいなので、まだまだという評価でした。

それでも、大差がついているように見せられるのが藤井五段なんでしょうね。

羽生二冠vs藤井五段

ここで、羽生二冠の投了となりました。

以下、△6五玉▲6六金△5四玉▲5五金までです。

公式戦では、藤井五段の勝ちとなりました。

すごい対局になりましたね。

長時間の将棋だったらどうなったのか? というのも気になります。

長時間の将棋も楽しみです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*