藤井聡太四段と脇謙二八段が対局!順位戦C級2組の中継と日程情報


第76期順位戦C級2組にて、藤井聡太四段と脇謙二八段が対局します。

初顔合わせですね。

脇八段といえば、矢倉での脇システムが有名ですね。

ただ、最近は振り飛車も指されて、相振り飛車も指したりしています。

もちろん、居飛車も指すので、今はオールラウンダーという感じですね。

藤井四段はどう指すんですかね。気になる対局です。

スポンサードリンク

日程

2017年11月2日(木)10時~行われます。

持ち時間は6時間で、1日全部使っての対局ですね。

昼食休憩時間:12時~12時40分

夕食休憩時間:18時~18時40分

となっています。

中継

中継は、ニコニコ生放送とAbemaTVにて行われます。

・ニコニコ生放送

解説は星野良生四段で、聞き手は本田小百合女流三段です。

・AbemaTV

Abemaはこちら

スポンサードリンク

解説は田村康介七段、佐々木勇気六段、宮本広志五段で、聞き手は安食総子女流初段と中村桃子女流初段です。

戦型予想

脇八段は居飛車も振り飛車も指されるオールラウンダーなので、なにしてくるか分からないですね。

なので、予想がかなり難しい所ですが、私は矢倉が見たいですね。

脇八段の脇システムが見たいです。

ただ、矢倉になると藤井四段が急戦策取る可能性が高いんですよね。

そうなると、矢倉は少し指しにくいのかなという気もします。

脇八段は攻め将棋ですので、矢倉にして急戦で来られたときに、受けるしかなくなりますので、そういった展開にはしたくないのではないかと思います。

なので、相居飛車の将棋になるとしたら、相掛かりになるのではないでしょうか。

相掛かりなら、一方的に攻められるような展開にはなりにくいからですね。

それに、脇八段も相掛かりも得意とされていますので。

相掛かりになるのは十分考えられそうです。

振り飛車になった場合は、分からないですね。かなり独創的な差し回しもされるので。

力戦系になるような気がします。

やっぱり実際指してみないと分からないですね。

いずれにしても、かなり面白い将棋になりそうなので、期待です。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*