順位戦C級2組  藤井聡太四段vs星野良生四段の結果と棋譜速報!ゴキゲン中飛車・超速2枚銀


第76期順位戦C級2組の藤井聡太四段と星野良生四段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

星野四段はゴキ中対策の超速を考えた居飛車党ですが、振り飛車も指されます。

ということで、本局は振り飛車にして、ゴキゲン中飛車にしましたね。

藤井四段vs星野四段

いつも指している逆をすればいいだけということで、そんなに難しくはないという所でしょうか。

藤井四段はすぐに銀があがっていったわけではないので、超速という感じではないですが、ここまで来たら、超速に対する銀対抗という感じですね。

銀対抗には、2枚銀が有力ということで、△3三銀とあがっていきました。

▲4六歩に△8六歩▲同歩と突き捨ててから△7三桂と跳ねていきました。

藤井四段vs星野四段

△4四銀とあがってから桂馬跳ねるほうが多いような気がしますが、この辺の順番はどっちでもいいという所ですかね。

▲7八金とあがって、8筋に足して、△6五桂▲5九角と引かせて、△4四銀とあがりました。

狙いは5五の歩と盤面の制圧ですね。

銀が2枚出ていくため、玉の守りは薄くなりますが、抑え込めれば良くなります。

星野四段は▲7七桂と桂馬をさばきにいって、△8六飛▲6五桂△8九飛成と桂馬を捨てて、龍を作りました。

藤井四段vs星野四段

どうですかね。

桂損が痛いといえば痛いですが、龍ができたのは大きいですね。

elmoは互角で、100点ぐらい後手がいいとのことでした。

ここから、▲7七角とあがって、香を守りましたね。

藤井四段は△1三角と端から角を使っていき、▲4八飛と受けて、△8六歩と垂らしていきました。

スポンサードリンク

▲2五桂と角を追って△8七歩成▲同金を入れてから、△2二角と引きましたね。

次に桂馬を取りにいく狙いですが、まずは金取りを受ける必要があるので、▲8八角と引いて、△2四歩と桂馬を取りにいきました。

そこで、▲7七金と寄って、▲7八金~▲7九金と龍を取りにいきました。

藤井四段vs星野四段

龍は取れましたが、角・金の2枚替えなので、少し苦しそうな気がします。

とは言え、藤井四段は銀が2枚とも前に出ていて玉が薄いので、攻めれれば何とかなりそうですね。

▲5四歩と合わせて、△同歩に▲5三歩と打っていきました。

△4二金寄と逃げて、▲6一飛とおろしました。

△2五歩と桂馬を取って、▲9一飛成と香を取りました。

藤井四段の手厚い受け

藤井四段vs星野四段

藤井四段は2四桂から端攻めを狙って、星野四段は3六香と打って5八飛と回って、右から攻めていきました。

そこで、△3一金打と藤井四段はしっかり受けましたね。

受けなくてもまだ大丈夫ですし、最近はあまり受けずに攻めていくことの方が多かったですが、ここは手厚く受けました。

色々試しているんですかね。

あるいは、最近受けてなくて危ない状況になっていたので、改めたのでしょうか。

藤井四段の心境も気になる所です。

本局に戻りまして、▲1五歩と取って、△6六銀に▲5四飛と走りました。

ここで、△2三銀とさらに受けました。

藤井四段vs星野四段

かなり手厚くいきますね。

▲3四飛と切っていって、△同銀▲同香△3三歩。

▲3五銀と下から打って、△3四歩に▲2四銀と桂馬を外しました。

△2三香▲同銀成△同玉として、手がないということでしょうか。

▲9三龍と龍を使っていったんですが、△6七銀成として、▲6三龍△6六角に▲4八桂と受けたんですが、△7九飛と打たれて投了となりました。

藤井四段vs星野四段

すぐに詰みがあるわけではありませんが、香だけでは寄りませんし、▲6四龍と銀を取っても、△4八角成の方が厳しそうですね。

今回は受けて、相手の攻めを切らしにいきましたね。

藤井四段は毎回毎回、色んな戦い方をしている印象がありますが、どうなんでしょうね。

試しているのか、相手に対策されないための工夫なのか…

藤井四段の考えが気になります。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*