第3期叡王戦六段予選 横山泰明・及川拓馬・澤田真吾の日程と組み合わせ


第3期叡王戦六段予選が行われます。

対局する棋士は、横山泰明六段、及川拓馬六段、澤田真吾六段の3名です。

六段は強い方ばっかりですよね。

熾烈な争いになるのではないかと思います。

見ている側としては面白いですけどね。指しているプロ棋士はかなり大変でしょうね。

叡王戦六段予選の日程と組み合わせ

対局が行われる日は、2017年8月22日14時~となります。

14時~ 横山泰明六段vs澤田真吾六段
19時~ 及川拓馬六段vs第1局勝者

です。

及川六段だけ1局だけですね。

少しだけ得していますが、大変なことに変わりはないですね。

どちらが上がってきても強敵ですし。

どうなったとしても、いい対局が見られるのに間違いなさそうです。

中継と解説

中継はニコニコ生放送にて、行われます。

解説は豊川孝弘七段で、聞き手は高浜愛子女流2級です。

あのダジャレ解説で有名な豊川七段ですね。

これは間違いなく面白い解説が聞けますね。解説も見逃せないです。

スポンサードリンク

戦型予想

第2局は及川七段と第1局の勝者ということで、どちらが勝つのかわからないので、第1局の戦型ですね。

横山泰明六段と澤田真吾六段の対局になりますが、横山六段は居飛車党で澤田六段はオールラウンダーですね。

居飛車でも振り飛車でも指せて、相振り飛車も指していました。

本当になんでもできるオールラウンダーです。

ただ、居飛車を採用することが多いので、相居飛車になる可能性が高いのではないでしょうか。

居飛車の場合、角換わりが多いような気がします。

藤井四段と千日手を含めて3局とも角換わりでしたしね。

それ以外でも角換わりの採用率が高い気がします。

もちろん、他の相掛かりや矢倉なども指しますが。

角換わりに比べると、採用率は下がりますね。

ということで、角換わりになるのではないでしょうか。

横山六段も角換わりを苦手としていませんし、かなり指すので避けることはしないと思います。

一体どんな対局になるんでしょうね。

そして、どちらが及川拓馬六段と対局するのか? 楽しみです。

ちなみに及川六段はオールラウンダーですね。居飛車でも振り飛車でも指せます。

第2局もどんな対局になるのか全く分からないんですよね。

第2局も面白い対局になりそうです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*