AbemaTVトーナメント本戦一回戦 糸谷哲郎八段vs近藤誠也六段 二局目の棋譜速報


第2回AbemaTVトーナメント 本戦トーナメント 一回戦 二局目の糸谷哲郎八段と近藤誠也六段が対局した棋譜です。


スポンサードリンク

糸谷八段は力戦に持っていくという宣言通り、初手▲7八金から相掛かりの力戦にしましたね。

1局目も似たような展開でしたし、フィッシャールール対策に研究してきていそうですね。

糸谷八段vs近藤六段

ここで、▲2四歩と合わせるような手も感想戦でやっていましたね。

△同歩▲同飛で6四飛と回れれば銀取りと飛車成りが受けにくいです。

なので、▲同飛のときに△3四歩と角道を開けて▲同歩△2三歩▲2六飛△8八角成▲同銀△3五角のような展開になるでしょうか。

そこで▲8六飛とぶつけることになりそうです。

それはそれで難しかったと思います。

糸谷八段は▲8六飛とぶつけて、△8五歩と受けさせます。

角道を開けるタイミング

糸谷八段vs近藤六段

3筋の位を取られていて、角道を開けにくかったですが、ここで△3四歩と無理やり開けていきました。

▲同歩なら△8八角成▲同銀△3五角があるので、取りにくいです。

ただ、▲7七桂がピッタリで、銀取りになりますので△5四銀と引くしかなく、▲3四歩と取れます。

ソフトは▲2二角成△同銀としてから▲7七桂を推奨していましたね。

本譜もそうでしたが、角が使いにくくなってしまうからということでしょうか。

その辺りの手順も難しいところですね。

飛車先逆襲し、謝らせる

糸谷八段vs近藤六段

8筋をせめて、△8三歩と謝らせることに成功します。

ただ、後手の角が通っていて、先手の角は使えない状態ですので、謝っても十分楽しみは残っていますね。

そこから少し落ち着いた展開になり、駒組みになります。

駒の損得はありませんが、糸谷八段は玉頭が戦場になっているので、怖い形です。

飛車交換から戦いに

糸谷八段vs近藤六段

飛車交換になって、本格的な戦いになりました。

次に8一飛から金を抜く手は見えていますが、どうするかですね。

近藤六段は金は仕方ないということで、△9九角成と攻めていきます。

スポンサードリンク

感想戦で、△2二玉と早逃げしても▲8一飛と打たれて、金が助けられないので、仕方ないとのことでしたね。

金を取ったのに対して、△6六桂と玉を守っている金駒を狙っていきます。

玉は包み込むように寄せよ

糸谷八段vs近藤六段

感想戦で、ここで言っていた糸谷八段の手が参考になりすぎました。

△3六歩と銀を叩く手ですね。

▲同銀なら△2八飛で玉の逃げ道をなくせますし、銀が引いたら△5五馬で先手を取りつつ逃げることができます。

▲9九金と馬を取る手には、△7八金からかなり危ないです。

近藤六段は△8九馬から剥がしにいきましたが、糸谷八段の強い受けが見事にハマりました。

糸谷流強い受け

糸谷八段vs近藤六段

▲8八歩に△8七歩と合わせて、こじ開けに行ったのに対し、▲8九金と強く受けました。

本来なら△8八歩成▲同金△8七金で剥がされてしまい、受けになっていませんが、後手玉が2二にいますので、△8八歩成が▲同角で王手になります。

なので、△8九同龍と取りましたね。

糸谷八段の反撃

糸谷八段vs近藤六段

▲7七角と打って、糸谷八段が反撃に出ます。

△1二玉とギリギリの受けに▲2六桂と銀を狙っていきます。

ただ、△7六歩で追われてしまうので、角を打つ前に▲2六桂だったと感想戦で話していましたね。

田楽刺しとその受け方

糸谷八段vs近藤六段

△6五香の田楽刺しに対して、▲9三角打とつなげて受けました。

角が逃げると銀を取られて裸にされてしまいますので、仕方ないですね。

そこで取らずに△7四桂も感想戦で話していて、取ったことで馬の守りが硬くなってしまいましたね。

歩も払えて、糸谷八段の玉が安全になりました。

小駒で攻めて逆転のスキを与えない

糸谷八段vs近藤六段

こういうところで、金駒は使わずに歩で攻めて、逆転させないようにするのが参考になります。

△同歩なら▲2三歩△同玉▲7一龍と入って、桂馬が取れれば寄り筋に入りますし、受ける手も難しいです。

なので、△7七歩と龍のほうを止めましたね。

▲同銀に△7五香と打っていきましたが、▲2三歩成から筋に入りました。

投了図以下

糸谷八段vs近藤六段

最後は王手で投了となりました。

まだ詰んではいませんが、決めるだけ決めて、良いタイミングで龍を取れば寄りとなります。

なので、投了やむなしですね。

AbemaTVトーナメントは、早指しでの指し方が参考になりますし、感想戦がしっかり聞こえるので、どんな手を読んでいたのかが分かるのも嬉しいですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*