藤井聡太四段20連勝!澤田真吾六段との角換わり相腰掛け銀の熱戦の棋譜はこちら!


藤井聡太四段20連勝!澤田真吾六段との角換わり相腰掛け銀の熱戦の棋譜はこちら!

第43期棋王戦予選にて、藤井聡太四段が澤田真吾六段と対局しました。

澤田六段は今期負けなしで、今期負けなし同士の対局となりました。


角換わり腰掛け銀になりましたね。

藤井四段vs澤田六段

スポンサードリンク

流行りの4八金-2九飛型ですね。澤田六段も6二金-8一飛型の先後ほぼ同形ですね。

藤井四段は6六歩を突いていて、澤田六段は8五歩と突き越していて、この違いがどう出るか? ですね。

4八金型にする場合は、6六歩は突かないことが多いような気がしますが、どうなんでしょうか。

65が争点になりますし、金が離れている分、守りが薄いので、少し怖い所もあるような気がしますが。

この辺も難しい所ですよね。

この後、澤田六段は銀が上がったり下がったりして、藤井四段は着々と駒組みを進めていきました。

藤井四段vs澤田六段

藤井四段が▲4五歩と仕掛けていき、ここから戦いになりましたね。

△同歩▲同銀に対して、澤田六段は△8六歩▲同歩△8五歩▲同歩と継歩して、△9五歩▲同歩△7五歩▲同歩に、△6五歩と、どんどん突き捨てていきました。

藤井四段vs澤田六段

これも▲同歩としてしまうと、△8五桂が痛いですね。

▲7六銀や▲6八銀などすると、△6六角と王手金取りが入ります。

かと言って、▲6六銀と逃げれば、△9七桂成と成り捨てて、飛車道が通って王手ですので、▲同玉に△9五香と走られて、▲8六角とどんどん攻められてしまいます。

△9七桂成を取らずに▲7九玉と逃げても、△8八角の王手銀取りが痛いですね。

ということで、△6五歩に対しては、▲7六角と受けましたね。

澤田六段は△5二金と自陣を引き締めつつ、銀にヒモをつけて、角を切ってきても問題ないようにしましたね。

こういう間合いをはかる一手を指せるようになりたいです。

私は、焦って攻めて自爆することが多いので(苦笑)

スポンサードリンク

▲8六銀と8筋を受けましたが、△6六歩と拠点を作りましたね。

藤井四段vs澤田六段

その後も、澤田六段が攻め続けて、△3五歩▲同歩と桂頭の傷を作って、△8五桂▲同桂に△3六歩と桂馬を狙っていきました。

と金を作られながら桂馬を取られるのはイヤだということで、▲4五桂と跳ねて、△同歩と4筋で取らせましたね。

そして、藤井四段の攻め。

▲6四歩と垂らして、△7二桂と控えて受けましたが、▲6三歩成△同金と金を引っ張り出します。

▲4三角成△同金と角を切って、▲5二銀。

藤井四段vs澤田六段

金を取りつつ成銀は絶対にできますが、角2枚渡していて、傷も多くて、怖い形ですよね。

将棋ソフト「elmo」によると、全くの互角なので、これでバランスは取れているようです。

澤田六段は、△7六角と金を守りつつ攻めにも効かせつつで攻防の角ですね。

ただ、意外と角が動けないので、▲6八桂と打ったらどうだったかという感じみたいです。

藤井四段は▲7七金と金で受けたので、△8七歩が厳しくなりましたね。

▲6八桂だった場合は、▲7七玉と逃げれましたが、金が上がってしまうと、逃げれなくなってしまうわけですね。

藤井四段vs澤田六段

角2枚を金銀と交換しつつと金も作ることに成功しました。

玉のすぐ横にと金がいますので、かなり怖い形ですね。

▲8九角と攻め駒を攻めて守って、△6六とと引いた所で、▲4三銀成と勝負しましたね。

藤井四段vs澤田六段

追い詰められて、△7八銀でも、△7八とでも詰みですね。

ということで、寄せるか王手をかけつつ金を抜いてしまうかしかありませんが、藤井四段が金を抜く手をやってみせました。

藤井四段vs澤田六段

▲7六桂。すごい勝負手ですよね。

桂馬を打たなくても、△6四玉と逃げた時点で、▲7七角成と詰めろを解くことはできましたが、△同ととされて、攻め手が全くないので、勝ち目はないですね。

そこで、いかに角を切らずに詰めろを外すか? ということで、この一手なんでしょうね。

△7五玉と逃げて、澤田六段の勝ちだったみたいですが、金銀3枚ありますから、ちょっと怖いですよね。

ということで、△同金と外したんですが、ここで逆りましたね。

▲6七歩と、と金を外されて、△4六角から攻めるんですが、詰めろはかからず。

藤井四段vs澤田六段

▲5五馬から王手竜をかけられて、竜も外されてしまいました。

後は飛車を打たれて、逃げられずに投了となりました。

藤井四段vs澤田六段

ホントに将棋は最後の最後まで分からないですね。

素晴らしい対局でした。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*