袖飛車が強い!急戦で雁木囲いを攻め潰せ


ソフト同士の対局で面白い対局がありましたので、そちらをご紹介したいと思います。

YaOu_V488_nnue_0928 vs AobaZero_w777_n_p20k_t32_b6



スポンサードリンク

矢倉の出だしから、△3四歩に▲7七角とあがって、雁木模様にしてから、袖飛車にしました。

無敵囲い模様で急戦へ

袖飛車vs雁木

囲いは▲6八銀、▲4八銀とあがっただけで、5八飛となれば、無敵囲いですね。

この無敵囲いの飛車がいない形のまま攻めていきます。

△4三銀と雁木にしますが、▲3四歩と垂らします。

あんまり効いているようには見えませんが、YaOuはこの歩が攻めの拠点になると見ているということでしょうね。

ドルフィンは、△2四歩~△2三金ですぐにとがめにいく筋を読んでいました。

AobaZeroは、△6二銀と駒組みを進めます。

ただ、▲1五歩からどんどん攻めていきます。

なので、もしかしたら△2四歩にも▲1五歩から仕掛けていく狙いだったのかもしれません。

△同歩▲同香△1三歩と受けます。

袖飛車vs雁木

△同香と取ると、▲同飛△1四歩▲1六飛といった展開ですね。

守りの香と攻めの香の交換で先手が有利ですし、飛車も手順に4段目に引けるのも嬉しいです。

△1三歩に▲3七桂~▲2五桂と桂馬で一気に攻めにいきます。

桂馬を咎めにいく

袖飛車vs雁木

▲2五桂と跳ねて飛車の横利きがとまった瞬間に、△1四歩と香を取りにいきます。

これがあるので、AobaZeroは▲2五桂は大丈夫と読んでいたのではないかと思います。

スポンサードリンク

ただ、▲同香△同香▲1五歩△同香▲3三桂成△同桂▲1五飛と香が取られます。

袖飛車vs雁木

先手としては桂損ですが、3四の歩が桂馬に当たっていますので、これが取れるということなのでしょうか。

そもそも、桂損ぐらいは気にしないというソフトも多いので、桂馬が取れても取れなくても、あまり気にしていないのかもしれません。

△3四銀と歩を払うこともできますので、桂馬が取りきれるというのも、難しいところですし。

▲1二飛成は、△1一香▲2一龍△3一金ですぐに捕まってしまいますので、飛車が成れません。

なので、本譜でも後で出てきた筋の▲6六角~▲8四香を飛車を狙っていく展開になりそうです。

それで、手になっているということなのでしょうね。

ちなみにドルフィンは△3四銀の局面で+90ぐらいのほんの少し先手持ちといった感じでした。

AobaZeroは△1四歩と受けて、▲同飛なら△1三香で飛車が取れます。

ただ、▲3三歩成△1五歩▲2二と△同金と飛車を見捨てました。

その分、桂馬が取れましたので、駒損はなくなりましたね。

飛車を狙う▲6六角

袖飛車vs雁木

▲6六角とあがって、次の▲8四香を狙っていきます。

受けるのであれば、敵の打ちたいところに打てで、8四に桂馬か香を打つしかないですね。

ただ、居玉で囲いも弱いということで、攻め合いに活路を見いだし、△2九飛と打っていきます。

当然、▲8四香ですね。

飛車が逃げても香が成って、すぐに飛車が取られてしまいますので、△3六桂から攻め合いですね。

厳しい大駒3枚の攻め

袖飛車vs雁木

AobaZeroは成り駒を作って、なんとか攻めて、4九飛成までの詰めろですね。

ただ、角角飛車の大駒3枚の攻めが厳しくて、△5二玉と立ちましたが、▲4一銀~▲6二飛成と銀をボロっと取ります。

すぐには寄りませんので、一度▲6九玉と手を戻して、自陣を安全にしてから、攻めきります。

投了図

袖飛車vs雁木

YaOuが寄せきって、勝ちとなりました。

自玉が薄いので、かなり反動が激しく、難しい戦法ですが、攻めるのが好きな方にはもってこいの作戦ではないかと思います。

雁木が攻めにくくて困っている場合は、試してみるのはどうでしょうか。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*