名人戦第2局 豊島将之二冠vs佐藤天彦名人の棋譜速報!角換わり腰掛け銀


第77期名人戦七番勝負 第2局の豊島将之二冠と佐藤天彦名人が対局した棋譜です。


スポンサードリンク

本局は角換わり腰掛け銀になりましたね。

ただ、佐藤名人は9筋の端歩を受けずに豊島二冠が端の位を取る形になりました。

その分、後手が手得できますので、その一手を活かして攻めにいくような展開もありますね。

竜王戦の羽生竜王vs広瀬八段の第2局でも、羽生竜王が端の位を取らせて攻め勝ちました。

本局はそういった展開ではなく、佐藤名人は6筋の位を取って、豊島二冠に攻めをけん制して穏やかな展開になりました。

なので、初日は駒組みだけで終わって、佐藤名人の狙い通りの展開になったのではないかと思います。

5四歩を咎める遠見の角打ち

佐藤名人vs豊島二冠

角換わりは、角をどこに打つかも1つの見所ですよね。

佐藤名人は、△6五歩~△6四角と角換わりでよく出てくる角打ちですね。

豊島二冠は△5四歩に対して▲1七角と遠見の角を打って行きました。

5四歩を咎める意味もありますね。突いていなければ、金に当たることもなかったですので。

金取りをどう受けるかでしたが、佐藤名人は△5二玉と右玉も見せました。

お互いに角を打ち合ったので、後はこの角が働くかどうかがポイントになってきそうです。

後手から動く展開に

佐藤名人vs豊島二冠

どこから手を作るか難しい展開になって、豊島二冠は▲5七金と手渡し。

そこで、佐藤名人は△9四歩と動いていきます。

▲同歩に△7六歩と突いて、▲同銀なら△9四香▲同香△7五歩の銀挟み狙いですね。

なので、▲8八銀と引きました。

壁銀であまり形は良くありませんが、仕方ないということでしょうか。

△8六歩から飛車先を交換して、▲6八玉とかわします。

壁銀で玉の逃げ道がありませんので、右側のほうが安全ということでしょうか。

佐藤名人は手を緩めずに△4五銀▲同歩△2八角成と攻めていきます。

佐藤名人vs豊島二冠

スポンサードリンク

攻めてはいますが、豊島二冠の角も働いてきて、4一銀といった手もあるので、後手としても怖い意味はあります。

△6六歩▲同歩と突き捨ててから△8一飛で4一銀を受けましたが、▲9三歩成から豊島二冠の反撃ですね。

飛車を封じて攻めを切らす

佐藤名人vs豊島二冠

△8六桂も厳しい狙いでしたが、▲8三歩で切らされてしまったでしょうか。

金をとっても次がないですし、香を取れば、と金2枚のほうが速そうです。

△2七馬で角に当てつつ玉の退路を狭めましたが、ここは角は逃げずに▲6二角成と切って先手を取りにいきますね。

角は取られても、先手玉はまだまだ寄りませんので、と金作って寄っていくほうが速いです。

そこからは豊島二冠が手堅く攻めていって、隙を一切与えませんでした。

投了図以下

佐藤名人vs豊島二冠

ここで佐藤名人の投了となりました。

以下は△同金▲同龍△同玉▲4二銀△同玉▲6二飛△5二銀▲5三角△同玉▲6三金△4二玉▲5二飛成△3一玉▲2二銀までとなります。

佐藤名人の振り返り

△9四歩から仕掛けたところと△4五銀と桂馬を食いちぎって馬を作ったところを話していますね。

佐藤名人vs豊島二冠

この次の一手が△4五銀ですね。

馬を作れましたが、4一銀があるので、反動が厳しいということだと思います。

ただ、ゆっくりしていると▲9三歩成がありますので、難しいところですよね。

ソフトは角成りを入れずに8六桂を入れることを推奨していて、△8四飛▲9三歩成△9八歩▲同香△4五銀▲同歩△8六桂で後手が300点ぐらい良いという判断でした。

▲4一銀は△同玉▲6二角成△7八桂成▲同玉△6八金で後手のほうが速いです。

▲2八角成△7九飛の交換が入っていない分、△7八桂成を▲同玉と取るしかないのも大きいのでしょうか。

細かい手順が非常に難しいですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*