渡辺明棋王と永瀬拓矢七段の成績とレーティング!第43期棋王戦第3局の中継・日程


第43期棋王戦 五番勝負 第3局の渡辺明棋王と永瀬拓矢七段との対局が行われます。

第1局は、渡辺棋王が勝って、第2局では永瀬七段が勝ちました。

なので、今のところ1勝ずつですね。

次に勝つと王手になるので、次を取りたいですね。

スポンサードリンク

成績・レーティング

渡辺明棋王

レーティング:1756
順位:18位
成績:4勝7敗(勝率:36%)

<戦型選択>

居飛車:90.5%
 矢倉:14.7%
 角換わり:27.4%
 横歩取り:16.8%
 相掛かり:6.3%
 力戦:12.6%
 対抗系:12.6%

振り飛車:9.5%
 中飛車:7.4%
 ノーマル四間飛車:1.1%
 向かい飛車:1.1%

永瀬拓矢七段

レーティング:1856
順位:2位
成績:7勝3敗(勝率:70%)

<戦型選択>

居飛車:95.6%
 矢倉:10.3%
 角換わり:19.1%
 横歩取り:26.5%
 相掛かり:2.9%
 力戦:13.2%
 対抗系:23.5%

振り飛車:4.4%
 角交換四間飛車:2.9%
 向かい飛車:1.5%

日程

棋王戦第3局は、2018年3月11日(日)9時から行われます。

持ち時間は各4時間で、昼食休憩が12時~13時にあります。

スポンサードリンク

夕食はなく、終局まで指し切ります。

中継

中継は、ニコニコ生放送やAbemaTVにて、行われます。

・ニコニコ生放送

解説と聞き手は、田中寅彦九段と藤田綾女流二段です。

・AbemaTV

AbemaTVはこちら

解説は、深浦康市九段と高見泰地六段で、聞き手は、山口恵梨子女流二段と飯野愛女流1級です。

戦型予想

第1局は、渡辺棋王の矢倉、永瀬七段の雁木で、第2局は角換わりとなりました。

なので、また矢倉にするのか、それとも相掛かりや横歩取りになるかですね。

可能性としては、横歩取りになる確率が高いでしょうか。

渡辺棋王も永瀬七段も指しますし、棋王戦ではまだ指していないからですね。

後は渡辺棋王と永瀬七段がどう考えるかですね。

なんとしても次を取りたいという場合は、一番得意な戦型に誘導すると思いますし、まだ次があると考えるのであれば、相手に合わせるのもあるかもしれません。

ここの駆け引きもかなり楽しみです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*