AbemaTVトーナメント本戦 佐々木勇気七段vs渡辺明二冠 第2局の棋譜速報


第2回AbemaTVトーナメント本戦トーナメントの佐々木勇気七段と渡辺明二冠が対局した第2局の棋譜です。



スポンサードリンク

第1局は角換わりになって、渡辺二冠の勝利となりました。

この第2局も佐々木七段は角換わりを目指しましたが、渡辺二冠は避けて、相掛かりになりましたね。

2枚銀vs左美濃

渡辺二冠vs佐々木七段

佐々木七段は左美濃にして、渡辺二冠は銀を2枚とも繰り出して2枚銀にしました。

△5五歩と角道を止めて、上から押さえにいきましたね。

押さえ込めれば渡辺二冠の勝ちになりますし、さばければ玉の堅い佐々木七段が勝ちになります。

▲3五歩△同歩▲4五銀のようにさばいていったらどうなるかですが、▲3五歩を手抜いて△6五銀もありますし、難しいところでしょうか。

佐々木七段は▲6六歩と6五銀を消しました。

△7四歩と角頭を狙っていってどうかですね。

金で押し返す

渡辺二冠vs佐々木七段

佐々木七段は金をあげて、▲8六歩と飛車を追い返しにいきます。

逆に佐々木七段が押さえ込む展開になりましたね。

渡辺二冠よりも玉形も美濃囲いで堅いので、堅くて押さえ込めるという理想的展開ですね。

スポンサードリンク

ただ、渡辺二冠としてもそれを許すわけには行きませんので、△6五歩から動いていきます。

▲同歩△7三桂として、金銀交換を狙っていきます。

金さえいなくなれば、歩を払って飛車が動きやすくなります。

▲8五歩とそれでも押さえ込みに行ったらどうするのでしょうか。

△同桂は▲8六歩の後に手がなさそうなので、飛車が引くしかなさそうですが。

佐々木七段は▲7七桂と手厚くいきましたね。

手のない時には端歩を突け

渡辺二冠vs佐々木七段

ここで、△1四歩が妙手でしたね。

感想戦でも振り返っていましたが、1三角から玉もにらめて、銀の進出をさせにくくできます。

また早指しなので、間違いやすいというのもあります。

▲2五桂から桂馬をさばきにいきましたが、少し危なかったかもしれないですね。

両取りの切り返し

桂交換して、▲6六桂の両取りを狙っていきましたが、△6五金がいい切り返しでしたね。

▲同桂△同銀▲同金△同桂は打った桂馬をからぶらせた上、駒がさばけて後手の調子がいいです。

なので、▲3四歩としましたが、△7六金と踏み込まれて、▲3三歩成△同角▲3四歩もて抜かれて、△8七歩で苦しかったでしょうか。

後は金銀を狙われて、寄りとなってしまいました。

投了図以下

渡辺二冠vs佐々木七段

▲6七玉に△7五桂で時間がなくて▲6六玉とあがってしまい、△6五金で詰みとなりました。

角が効いていて▲同桂とは取れませんので、これで玉は逃げられません。

△7五桂には▲6八玉しかなかったみたいです。

それでも、△3八金と逃げ道をなくしてから△6七銀を狙っていけば寄ります。

▲6七歩と防がれても△7六歩で一手一手となります。

なので、この局面は仕方ないですね

渡辺二冠が実力を見せて、前回準優勝者の佐々木七段を寄せ付けませんでした。

このまま渡辺二冠が勝ち進んでいくのか、それとも誰かが止めるのでしょうか。

これからの対局も楽しみです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*