AbemaTVトーナメント決勝第2局|藤井聡太七段vs佐々木勇気六段の棋譜と結果


第1回AbemaTVトーナメント決勝の藤井聡太七段と佐々木勇気六段の棋譜です。



スポンサードリンク

本局は力戦になりましたね。

藤井七段vs佐々木六段

佐々木六段は端角から使っていき、歩を取ります。

その後、▲4四角△5五銀▲3五角から2二まで戻ります。

一歩取れて、銀が5五まで出せたので棒銀で攻められる心配がなくなったので、ひとまず役目を果たしたというところでしょうか。

藤井七段vs佐々木六段

藤井七段は飛車先交換して、佐々木六段は△3三金と受けます。

スポンサードリンク

3四の歩は守れますが、角道が止まりますし、▲4五桂が当たってくるのも気になります。

飛車引いて、△2四歩と高く受けて、金が動けるようにしましたね。

藤井七段vs佐々木六段

△3六歩と桂馬を狙って、▲2五桂と跳ねます。

△同歩▲同飛は歩がないので受けにくいですね。

とは言え、取れないのであれば、3六歩がただのお手伝いになってしまいますので、佐々木六段は取りましたね。

△3二銀で受けて、△3四金と払って飛車を成らせます。

藤井七段vs佐々木六段

▲6一角と角を打っていきました。

△6二飛と取り行くと▲7二金で守れますので、すぐに取られる心配はないですね。

△3四歩と止めて、▲2七龍としました。

歩切れなので、受けにくいですね。

△4二飛とまわって▲2二歩。

桂馬を取られて、佐々木六段の投了となりました。

藤井七段vs佐々木六段

詰みはありませんが、先手陣に手付かずで受けるだけになってしまいますので、投了やむなしですね。

2筋からはと金で攻めて、6筋からは角で逃げられないようにしていて、玉は包み込むように寄せよの格言通りですね。

藤井七段は定跡系ももちろん強いですが、力戦系もかなり得意とされていますよね。

5分という超早指しですらこの強さですし、間違いなく得意なのでしょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*