王将戦第5局 久保利明王将vs豊島将之八段の棋譜と結果!


第67期王将戦七番勝負 第5局の豊島将之八段と久保利明王将が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

久保王将は四間飛車にして、豊島八段は早石田から居飛車にする構想にしました。

これは最初から狙っていたのでしょうか。

それとも、久保王将の2八銀をみて居飛車にしようと思ったのか、どうなんでしょうね。

久保王将はすぐにとがめにいき、1七銀~2六銀とあがって、歩を取りにいきました。

久保王将vs豊島八段

歩は取られてしまいますが、守りの銀を上に引っ張り上げられたと見ることもできるので、損得は微妙な所ですね。

おそらく、豊島八段もそれを狙っての構想だったんじゃないかと思います。

さすがに、全く研究していないで指すことはないと思うので、この辺りは研究済みでしょう。

ただ、豊島八段は作戦を「そこまで考えていたわけではありません」とのことですので、ある程度考えて、流れでという感じだと思います。

ここから豊島八段は早繰り銀のようにして、久保王将は居玉のまま攻めて大乱戦になりました。

スポンサードリンク

久保王将vs豊島八段

久保王将が龍を作って、豊島八段は飛車をぶつけました。

▲7三龍と銀を取る手もみえますが、△9五角の王手龍があるので、うまくいかないですね。

これが居玉でやっかいな所ですよね。

なので、▲3六角とつなげました。

△5二銀▲6四歩△3四歩と角頭を狙っていきましたね。

▲同銀なら△3五歩▲4五角△4四歩として、角の利きを逸らすことができるので、龍が取れるようになります。

ということで、▲4六銀と引きました。

そこから、飛車交換して、激しい攻め合いになりました。

久保王将vs豊島八段

この角打ちが厳しいですね。

▲7七歩としても、△同歩成▲同桂△7六歩と打たれて、受かっていません。

なので、▲7四飛成と銀を取りましたが、△6七歩のほうが厳しいです。

玉を逃がして、と金で追っていきました。

その後、豊島八段は端をからめて攻めにいって、久保王将はひたすら受ける苦しい展開になりました。

久保王将vs豊島八段

玉を引っ張り上げられて、上と下と挟撃体勢を作れました。

▲2五金と守り駒を置きましたが、△1九龍と香を取り、▲1七香△1一香▲1四歩△同香▲同金△1三歩で金が取られてしまいます。

もう受けようもないので、▲6三歩成と形作りですね。

△1四歩▲同角△2四金で投了となりました。

久保王将vs豊島八段

以下、▲2六玉△3五銀▲同銀△1五金打▲同香△3五金までとなります。

これで、豊島八段の2勝久保王将の3勝となりました。

どうなるかまだまだ分からないですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*