藤井聡太七段vs森下卓九段の棋譜と結果!第77期順位戦C級1組1回戦


第77期順位戦C級1組1回戦の森下卓九段と藤井聡太七段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

本局は矢倉になりました。

森下九段は矢倉が得意ということで、矢倉にしていきましたね。

それに対して藤井七段は飛車先を受けずに急戦で攻めていきます。

森下九段vs藤井七段

森下九段は飛車先を交換して、2五に飛車を引きました。

藤井七段が早繰り銀で攻めてきていますので、7五の地点を受けたのですね。

△4四角とあがって、3三桂からいつでも飛車を追い払えるようにしました。

森下九段も▲6六銀と出て、7筋を足しました。

藤井七段も飛車先交換して、8四に飛車を引きました。

7筋から攻めたときに、▲7四歩の桂頭の攻めを予め受けましたね。

森下九段vs藤井七段

△7五歩▲同歩と突き捨てて、▲7四歩△同飛とします。

▲7六歩と打ちました。

タダですが、8筋に戻るのに時間がかかりますので、その間に手を作ってしまおうという狙いですね。

藤井七段は端を突き捨ててから、歩を取ります。

こうすることで、9七歩や9六歩が効くようになりますね。

スポンサードリンク

なので、▲7七歩と打ちました。

森下九段vs藤井七段

藤井七段は銀をさばいて、森下九段は使いにくくなった角を引いて、角を通しました。

△9八歩▲同香△9七歩と叩いていきます。

▲同香は△9八銀ですね。

▲8八金は△8九銀成▲同金△7七桂不成の王手金取りが決まります。

ということで、▲同角と取り、△9五香▲6五銀と桂馬を取ります。

△同歩は▲5三角成△同銀▲8五角の王手飛車です。

△7二飛と引いて、▲8六角△6五歩▲9五角。

駒割り的には、銀と桂・香の2枚替えですね。

駒の価値的には同じぐらいでしょうか。

森下九段vs藤井七段

森下九段は香を打って攻めにいき、藤井七段は△6四角とのぞきました。

▲4六桂など一度受ける手もあったと思いますが、△2三香成と攻めていきます。

△同金は攻めが速くなってしまうので、▲3七角成と攻め合いですね。

金を取って金を打ち、飛車が成っていきました。

△5二玉と早逃げ。

▲4九桂△1九馬を入れて、▲3二金と寄っていきます。

森下九段vs藤井七段

この△3一香が堅かったですね。

▲4二金△同玉▲2二龍としましたが、△3二金と打って、攻められなくなりました。

藤井七段は△4六香から攻めていきます。

銀を引きましたが、桂馬を取って、次の4六桂があります。

成香を取れば、△4五桂と攻め駒を足していく感じでしょうか。

森下九段は取らずに▲2三歩。

△4六桂の両取りをかけて、▲6八金に△5九成香と捨てていきます。

逃げれば桂馬が成ってきますので、取りましたが△4五桂と足されて、森下九段の投了となりました。

森下九段vs藤井七段

詰みはありませんが、壁金の形で逃げ道がありませんし、金を狙われて受けがなくなります。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*