【王座戦第2局の中継と日程】中村太地王座と斎藤慎太郎七段の成績・レーティング


第66期王座戦五番勝負の中村太地王座と斎藤慎太郎七段の第2局が行われます。

第1局は角換わりになり斎藤七段の勝利となりました。

中村王座としては、次の第2局を取って星を並びたいところですね。

逆に斎藤七段が勝ちますと、その次の第3局で王座に王手となります。

スポンサードリンク

成績とレーティング

中村太地王座

今年度成績:7勝4敗(勝率:63.6%)
通算成績:304勝170敗(勝率:64.1%)
レーティング:1728
順位:25位

<戦型選択>

居飛車:100.0%
 矢倉:4.4%
 角換わり:29.4%
 横歩取り:22.1%
 相掛かり:10.3%
 力戦:10.3%
 対抗型:23.5%

斎藤慎太郎七段

今年度成績:18勝6敗(勝率:75.0%)
通算成績:194勝85敗(勝率:69.5%)
レーティング:1815
順位:6位

<戦型選択>

居飛車:93.8%
 矢倉:15.5%
 角換わり:16.5%
 横歩取り:17.5%
 相掛かり:9.3%
 力戦:16.5%
 対抗型:18.6%

振り飛車:5.2%
 中飛車:1.0%
 相振り飛車:4.1%

力戦:1.0%

王座戦第2局の日程

2018年9月20日(木)9時から行われます。

スポンサードリンク

持ち時間は各5時間の1日制です。

スケジュール

9時~:対局開始
12時10分~13時:昼食休憩
18時10分~19時:夕食休憩

王座戦第2局の中継

ニコニコ生放送

解説は先崎学九段で、聞き手は北村桂香女流初段です。

AbemaTV

AbemaTVはこちら

解説は藤井猛九段、青嶋未来五段、近藤誠也五段と聞き手は和田あき女流初段、武富礼衣女流初段です。

戦形予想

第1局は角換わりでしたので、次は横歩取りでしょうか。

ただ、王将戦第二次予選で中村王座と斎藤七段があたり、そのときに横歩取りになりましたので、横歩取りにしないということもありそうです。

そうなると矢倉や雁木も考えられますね。

予想は、雁木としたいと思います。

プロ間で流行っていますし、かなり雁木の将棋が増えていますので。

これまでの第66期王位戦の棋譜

第1局|角換わり腰掛け銀

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*