【菅井竜也王位vs豊島将之棋聖】第59期王位戦七番勝負第3局|ゴキゲン中飛車vs超速


第59期王位戦七番勝負 第3局の菅井竜也王位と豊島将之棋聖が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

本局はゴキゲン中飛車になりましたね。

豊島棋聖は超速にして、菅井王位は銀対抗ですね。

そこから菅井王位が積極的に動いていきました。

豊島棋聖vs菅井王位

飛車先交換して、▲5五銀とぶつけて、△同銀▲同角と銀交換。

飛車取りの先手ですね。

△9二飛でも受かりますが、飛車がそっぽに行って使えなくなるので、あまり指したくないですね。

豊島棋聖は△6四銀と打ち直します。

▲7七角に△5四歩と飛車先を受けます。

中飛車に対しては5筋の歩を受けないことも多いですが、銀を手持ちにしていますし、受けないと反撃が怖いですね。

それに対して、▲1八香と一転して穴熊へ。

穴熊に組ませないために動いていくのであれば、△6五銀と角頭を狙っていったり、△8六歩▲同歩△7五歩▲同歩△同銀でどうかですが、豊島棋聖は△3三角と囲い合いになりました。

豊島棋聖vs菅井王位

豊島棋聖が動いていきましたが、菅井王位の切り返しが見事でしたね。

▲5三歩△同金としてから、▲7三歩。

銀が取られてしまうので、△同飛としたいですが、▲6二銀の割り打ちが入ります。

ということで、△同桂▲7五角と銀を取られて、△9九角成と馬を作ります。

豊島棋聖vs菅井王位

豊島棋聖は飛車を切っていきます。

△8四角の飛車・金両取りもありますが、△7七桂成。

▲同金なら△5九角でしょうか。

菅井王位は▲7二飛成と攻め合いにいきます。

スポンサードリンク

△7八成桂に▲4二銀と打って、△同金▲同龍△3一角と金取りを受けます。

龍が逃げたら、1手パスなので、▲同龍と切っていきます。

ただ、ソフトは▲7二龍と逃げることを推奨していました。

穴熊ですし、豊島棋聖の攻めが遅いからということでしょうか。

端攻めも気になるところですが、大丈夫ということなのでしょうね。

豊島棋聖vs菅井王位

豊島棋聖はしっかり受けていきます。

攻められているときの豊島棋聖の受けがすごいですよね。

自玉が安全になったところで、△1五歩と反撃。

取り込まれたら、かなり危険になるので、▲同歩。

△1六歩と垂らします。

▲同香なら△1二香打と足していくのでしょうか。

ソフトは△2四香や△4五歩が有力とのことでした。

菅井王位は取らずに▲5一歩成と攻め合いにいきます。

豊島棋聖vs菅井王位

豊島棋聖が端から攻めていきます。

銀が逃げれば、△1一香と打って、▲4五歩から香を足していって、端を破っていくと思います。

菅井王位は▲1六金と受けます。

△1一香▲1五歩△同香▲同金と金を引っ張り上げて、△1七桂成▲同玉。

△4五歩とここで香を取ります。

豊島棋聖vs菅井王位

△3九銀としばって、▲2九金と受けます。

△4八銀不成と金は取れますが、金を取るためというより、玉を縛るために打った銀ですし、迫る手がなくなるので、指したくないですね。

△3三馬と戻して、金取りにあてる手もありましたが、△1一香からさらに金を引っ張り上げて、△2八銀打▲同金△1九飛▲1八金△1六歩▲同玉△1八飛成▲1七歩。

△1五歩▲同金と逃げ道を塞いで、△2八銀不成。

豊島棋聖vs菅井王位

菅井王位は▲2九桂と受けてから攻め返します。

桂馬を取って、▲2四桂。

馬道を止めつつ、玉をしばります。

△同歩に▲5二銀と打って、△2二玉と早逃げ。

▲4一龍と銀を取って、一気に迫っていきます。

豊島棋聖vs菅井王位

ここで豊島棋聖の投了となりました。

△同玉は▲5七金△4五玉▲4六香△同銀▲5六金打△3四玉▲2六桂までとなります。

△4四玉は▲4五香△5三玉▲4三香成△同銀▲7一角△6二香▲5一龍△5二銀▲6二角成△4三玉▲5二馬△4四玉▲4五金までとなります。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*