竜王戦5組ランキング戦 藤井聡太六段vs阿部光瑠六段の棋譜と結果!角換わり右玉


第31期竜王戦5組ランキング戦の阿部光瑠六段と藤井聡太六段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

角換わりになりましたね。

阿部六段は右玉にして、藤井六段は早繰り銀で攻めにいきました。

藤井六段vs阿部六段

阿部六段は6筋に飛車をまわって、銀を狙いにいきました。

△7六歩と取り込んで、▲同銀としてから、△2二玉と入城。

飛車が6筋にまわったので、上から攻められにくくなったから、入ったというのもありそうです。

▲6五歩△7三銀と引かせて、▲7七桂と攻めの形を作っていきました。

玉の小瓶が空いているのが気になりますが、3八玉と寄る手を入れるかどうかは難しいですね。

4八金としっかり金もくっつけたいので。

ですが、2手かけてしまうと、藤井六段から攻められてしまう可能性も高くなります。

ということで、阿部六段はこのまま攻めにいきました。

藤井六段vs阿部六段

藤井六段は桂馬を取って、△5五歩と5筋も突き捨てました。

さらに、△9四歩と端歩を突いて、桂馬を跳ねたり、角を設置するスペースを作りました。

▲6七金左と金をくっつけて玉を硬くして、△6四歩▲同歩△5三金と歩を取りにいきました。

スポンサードリンク

▲7七金と飛車を通して受けましたが、△8八角と金を取りにいきました。

駒損にはなりますが、阿部六段の囲いをバラバラにすることに成功。

藤井六段vs阿部六段

桂馬を打って金を狙っていき、金が逃げて、△5七金▲3八玉△6七金~△7八銀。

飛車・金両取りが決まり、藤井六段ペースにも見えますが、▲8三歩成から阿部六段も攻め返して、まだまだ難しいですね。

ソフトは▲7三歩成を先に入れることを推奨していました。

△同銀▲8三歩成として、同じ様に△8一飛▲8二ととなったときに、△同銀なら▲7二角と打って、飛車が退けば銀が取れます。

△5一飛なら▲8三飛成が銀に当たります。

藤井六段vs阿部六段

阿部六段が受ける展開になり、藤井六段は2枚龍で攻めました。

全部受けに使って、阿部六段が攻めるのは難しいですが、かなり崩すのも難しいです。

藤井六段は△1五歩と端から手を作りにいきました。

▲同歩△1八歩▲同香△1七歩▲同香と吊り上げて、△1八金。

▲6六金とあがって、△同金▲同角は龍にあたって、先手が取れて働いていなかった角が働いてきます。

なので、△6四金と引きました。

▲2五歩△1七金▲7五金△同金▲同角△6九龍。

藤井六段vs阿部六段

角は使えるようになりましたが、龍の利きが強くなって、かなり苦しいですね。

▲2四歩から全部ばらして、▲2三歩△同玉▲2五歩と叩いて、△2七金打で投了となりました。

藤井六段vs阿部六段

以下、▲3九玉△2八金直▲4八玉△5八龍寄▲同銀引△5九角▲4七玉△3七金▲5七玉△6五桂までとなります。

次、藤井六段が勝ちますと、昇級が決まり、竜王戦4組ランキング戦になります。

また、竜王ランキング戦連続2回昇級の規定により、七段昇段です。

またたく間に昇段していって、すごいですね。

もはや誰も止められません。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*