羽生善治竜王vs深浦康市九段の棋譜と結果【第66期王座戦挑戦者決定トーナメント】


第66期王座戦挑戦者決定トーナメントの羽生善治竜王と深浦康市九段の対局の棋譜です。



スポンサードリンク

本局は、深浦九段が雁木にしましたね。

それに対して、羽生竜王は左美濃急戦にしました。

羽生善治竜王vs深浦康市九段

お互い早繰り銀で攻めあって、深浦九段は△3四歩と打っていきました。

タダですが、打たないと羽生竜王から▲3四歩と拠点を作られるのがイヤということですね。

また、催促することで銀を手持ちにできるという意味もあります。

羽生善治竜王vs深浦康市九段

取った銀を△7五銀打と打って、攻めていき、羽生竜王は▲8四歩と切り返しました。

取れば▲6六角と飛車取りの先手で逃げれるので、8七銀成が当たらなくなります。

当然、深浦九段も取らずに△7七歩と角道を止めました。

▲同銀なら△8七銀成が入りますし、▲同桂なら△7六歩▲8四飛で桂馬が取れます。

ということで、▲同角として、角と銀の交換。

ここで△8四飛と歩を払うと、▲3三飛成△同桂▲9五角の王手飛車があります。

なので、△7三桂と王手飛車を防ぎました。

▲8三銀と羽生竜王は打って、飛車を止めました。

スポンサードリンク

羽生善治竜王vs深浦康市九段

深浦九段は4筋から攻めて、△9五角と打っていきました。

▲7九玉と逃げて、△8八歩と打っていきました。

▲同玉なら△6六角▲同歩△7七銀で攻めがつながります。

▲6五飛と桂馬を払って、△8九歩成。

取ると△4九飛成が金取りの先手で角も効いているので、受けが難しいです。

ということで、▲7八玉とあがりましたね。

羽生善治竜王vs深浦康市九段

飛車交換して、△7三飛の王手成銀取り。羽生竜王は▲7八桂と受けました。

成銀を取ったら、角と取るということですね。

深浦九段は△8七歩と垂らしました。

▲6三桂△4一玉▲4六飛の十字飛車。

角は取れますが、△7七角成が詰めろ飛車取りなので、飛車が取れて、飛車と角の交換になりました。

羽生善治竜王vs深浦康市九段

羽生竜王は▲5四角と打って玉頭をにらみつつ歩を払いにいきましたが、△4九飛で深浦九段がよくなりました。

ここで、▲4二銀だったらまだ互角だったようです。

△同金なら▲同成銀△同玉▲6四角の王手飛車が決まります。

なので、△2二玉と逃げるんですが、▲7六歩と打って、△同飛は▲6七銀の馬と飛車の両取り。

△同馬は▲5五角の王手飛車になります。

羽生善治竜王vs深浦康市九段

飛車を取って、▲4六飛の十字飛車に△4四角と受けました。

馬を取っても、次に受けが効かなくなるということで、▲6八金上としました。

ただ、△8八銀から受けられなくなりました。

羽生善治竜王vs深浦康市九段

以下、▲5九玉△6九飛▲4八玉△3九銀▲3八玉△2八銀成▲4八玉△3九飛成までとなります。

切り返しの切り返しで、技の掛け合いが面白かったです。

次は藤井七段と深浦九段ということで、こちらも楽しみですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*