【豊島将之棋聖vs菅井竜也王位】第59期王位戦七番勝負 第2局の棋譜検討!向かい飛車vs銀冠穴熊


第59期王位戦七番勝負の豊島将之棋聖と菅井竜也王位の第2局です。



スポンサードリンク

本局は菅井王位が向かい飛車にして、豊島棋聖は銀冠穴熊にしましたね。

豊島棋聖vs菅井王位

菅井王位も同じように銀冠穴熊まで行く手もありますが、その場合、豊島棋聖が仕掛けていくでしょうね。

具体的には▲3七桂~▲4五歩といった感じですね。

なので、△6四角と出てけん制しましたね。

4五歩を突けば、飛車が抜かれるので、仕掛けにくくなります。

ここから穴熊にしたら4筋に飛車が周って攻めるか角を狙っていくかでしょうか。

菅井王位は深くは固めずに△4二金と隙をなくしました。

硬さvsバランスの将棋ですね。

駒がさばければ豊島棋聖の勝ちですし、さばかせなければ菅井王位の勝ちですね。

正確に指さないと、さばかれてしまいますので、難しいのは後手番の菅井王位ですね。

豊島棋聖vs菅井王位

先に仕掛けていったのは菅井王位でした。

▲4八飛と周り、△4六歩。

▲同銀は△4五歩と打って、▲同銀△同桂▲同飛で銀・桂交換か▲3七銀なら△2四歩から攻めて、抑え込まれて、先手が苦しそうです。

ということで、▲5六銀とかわして、△4一飛とためるのもあったと思いますが、△4七歩成▲同飛△2八角成と一気に切り込んでいきました。

▲4三飛成△同金▲3二銀の両取り。

豊島棋聖vs菅井王位

菅井王位は飛車を下ろして、豊島棋聖は飛車を狙っていきます。

飛車が逃げる手もありますが、△4三飛成と成銀を抜いて、▲5一金。

スポンサードリンク

この銀は元々菅井王位の銀ですし、飛車がそのまま豊島棋聖に戻り、豊島棋聖の金得ですね。

硬さ負けしつつ、駒損となるとかなり苦しいですね。

菅井王位は△5五歩と突いていきます。

▲6七銀と引いてくれれば、△4五桂から桂馬も使えてきて、菅井王位も楽しみが出てきます。

ただ、次の豊島棋聖の一手が鋭かったです。

豊島棋聖vs菅井王位

この▲4四歩が厳しい一手ですね。

△同龍なら▲6五歩と角道を開けて、銀を取れば龍が取れます。

ということで、△4二龍と引きましたが、▲5二飛△同龍▲同金と龍を消されつつ金が使えるようになりました。

△5六歩と銀は取れましたが、▲4三歩成からと金が寄っていきます。

豊島棋聖vs菅井王位

一直線の攻め合いはどうしても銀冠穴熊のほうが勝ちますので、△5一歩と受けました。

▲同金はと金が取れますし、▲同とは攻めが遅くなりますので、△6七とから攻め合いに行けるようになります。

ということで、▲7二と△同銀▲6二金と歩を無視。

次に▲7一飛が入ると持ちませんので、△7一銀と打ちましたが、▲同金△同玉▲3一飛と下ろしていきました。

豊島棋聖vs菅井王位

龍も自陣に引きつけて受けましたが、▲4一金が厳しかったですね。

底歩を取ってしまえば、寄るということで、歩を取りにいきました。

△5二龍と守っても▲4二銀△6二銀▲5三香と足されていって、受けが効かなくなります。

なので、歩は諦めて△3二龍。

▲5一金に△4一歩と受けましたが、▲6一金△同銀。

豊島棋聖vs菅井王位

この▲4四歩も見えにくいですが、さすがの一手ですね。

受けるのであれば、△5二銀打や△5二金ですが、▲5四金と足されて、受け切れません。

なので、△2九馬と取って、▲4三金と龍をどかして、▲4一龍と底歩を外します。

これでさすがに受けがないですね。

豊島棋聖vs菅井王位

ここで、菅井王位の投了となりました。

玉が逃げれば金を取って、銀も取って、ゆっくり攻めても勝ちですね。

△同龍は▲8三香で、△同玉は▲7一龍で2枚飛車で勝ちです。

△7二玉もありますが、▲7一龍△同玉▲8一飛△7二玉▲8二香成までとなります。

菅井王位がずっと苦しい展開でしたね。

穴熊の強さが出た将棋でした。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*