千田翔太七段vs藤井聡太七段 第33期竜王戦3組ランキング戦の対局速報


千田翔太七段vs藤井聡太七段

第33期竜王戦3組ランキング戦にて、千田翔太七段と藤井聡太七段の対局が行われます。

千田七段は佐藤紳哉七段と千葉幸生七段に勝利しています。

藤井七段は畠山鎮八段と高橋道雄九段に勝利しています。

千田七段と藤井七段といえば、朝日杯で千田七段が角換わりで勝っています。

千田七段の研究の深さを見せる将棋で、藤井七段ですら何もできない展開でした。

この竜王戦ではどういった展開になるのか、楽しみです。

スポンサードリンク

成績とレーティング

千田翔太七段

今年度成績:30勝13敗(勝率:69.8%)
通算成績:251勝98敗(勝率:71.9%)
レーティング:1830
順位:6位

<戦型選択>

居飛車:99.3%
 矢倉:13.0%
 角換わり:31.5%
 横歩取り:3.4%
 相掛かり:11.0%
 力戦:18.5%
 対抗系:21.9%

振り飛車:0.7%
 ノーマル四間飛車:0.7%

スポンサードリンク

藤井聡太七段

今年度成績:49勝12敗(勝率:80.3%)
通算成績:165勝32敗(勝率:83.8%)
レーティング:1924
順位:2位

<戦型選択>

居飛車:98.9%
 矢倉:10.3%
 角換わり:29.9%
 横歩取り:4.3%
 相掛かり:14.1%
 力戦:12.5%
 対抗系:27.7%

その他:1.1%

竜王戦3組ランキング戦 千田翔太七段vs藤井聡太七段の日程

2020年4月3日(金)10時から対局が行われます。

持ち時間は各5時間です。

先後は振り駒で、決まります。

竜王戦3組ランキング戦 千田翔太七段vs藤井聡太七段の中継

中継はAbemaTVにて、行われます。

AbemaTVはこちら

解説は行方尚史九段と及川拓馬六段と伊藤真吾五段で、聞き手は山根ことみ女流二段と和田あき女流初段です。

戦型予想

千田翔太七段も藤井聡太七段も居飛車党ですので、相居飛車の将棋でしょう。

やはりお互い得意な角換わりになるのではないでしょうか。

朝日杯から藤井七段も研究されたと思いますし、お互いの研究のぶつかりあいになると思います。

どうなるのか、楽しみです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*