【羽生善治竜王vs豊島将之八段】棋譜と結果!第59期王位戦挑戦者決定戦


第59期王位戦挑戦者決定戦の羽生善治竜王と豊島将之八段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

本局は先後同型の角換わり腰掛け銀になりました。

羽生竜王vs豊島八段

ここで色々手がありますよね。

▲8八玉と入ったり▲4五桂や▲3五歩と攻めたり。

どれも一局だと思いますが、羽生竜王は▲6六歩を選択しました。

豊島八段はすぐに△6五歩と攻めていきました。

▲同歩は△同桂として、▲6六銀なら△6四歩という展開もありますし、△同桂のときに▲同銀と取る手もあり、△同銀▲6三歩と打って、△同金は▲7二銀なので△7二金と避けてどうかという展開です。

羽生竜王は▲3五歩と攻め返して、△同歩▲4五桂~▲2四歩と先に仕掛けていきました。

スポンサードリンク

羽生竜王vs豊島八段

羽生竜王が強い手を指し続けて、守りは最低限で攻める手を優先しましたね。

▲8七歩に対して、△6六飛と銀を取る手もあります。

▲同角△同角は香取りの先手で、▲6九飛と回る手もありますが△4四角打とつなげられて、先手が苦しいです。

なので、△6六飛には▲3二歩と打って、△同玉は▲3三歩で角道が止まるので、△4二玉と逃げるんですが、▲7三歩成とと金を作って、△同金は▲6二飛の王手角で角が抜けます。

激しい攻め合いですが、豊島八段のほうが有利なようです。

ただ、豊島八段はその変化には踏み込まず△7六飛。

羽生竜王vs豊島八段

羽生竜王は▲7七桂と桂馬をぶつけて、さらに踏み込んでいきます。

ここで、△8六歩が厳しいようです。桂馬を取ったら△8七歩成が入ります。

ただ、▲6七金△7四飛▲7五歩で追い返せるので、すぐに決まるわけではありません。

羽生竜王vs豊島八段

激しい攻め合いになりました。

△7七歩に▲同金と取って、豊島八段に流れが傾きました。

▲7九金と引いて互角の展開だったようです。

後は豊島八段がずっと厳しく攻め続けて、勝ちとなりました。

羽生竜王vs豊島八段

ここで羽生竜王が投了となりました。

以下、▲1八玉△2八成桂▲同玉△3七歩成▲1八玉△2七銀▲1七玉△2六銀▲同玉△3六銀成▲1七玉△2七成銀までとなります。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*