藤井聡太七段の順位戦C級1組|vs都成竜馬五段の棋譜速報!ゴキゲン中飛車vs超速


第77期順位戦C級1組11回戦の都成竜馬五段と藤井聡太七段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

都成五段はゴキゲン中飛車で、藤井七段は超速にしました。

都成五段も6六に銀が上がり、銀対抗の形にしました。

銀対抗の形になると、なかなか攻めにくく、穏やかな展開になりますね。

端の位を取らせて争点に

藤井七段vs都成五段

都成五段は1筋を受けずに、藤井七段に位を取らせます。

その分、▲3七桂と跳ねて、▲1八香~▲1九飛と端を狙っていく方針だと思います。

その前に藤井七段が動いて、△5四歩と突いていきます。

▲同歩△同銀で盛り上がっていき、都成五段は▲7五歩△同歩と角道を止めて、▲4五歩△同歩▲3五歩と角道を通していきます。

△同歩▲同角は角成りが受けにくいので、△3三金右を金で受けました。

いつの間にか藤井七段ペースに

藤井七段vs都成五段

こうなると、藤井七段の駒がのびのびしてきて、指しやすそうな感じがしますね。

都成五段も悪い手を指しているように見えませんが、なんででしょうね。

このままですと、押さえられて悪くなる一方ということで、▲1六歩から動いていきます。

スポンサードリンク

△同歩▲1三歩△同香▲2五桂と跳ねていきましたが、△1七歩成から香がさばかれるので、あまり効いてはいなさそうです。

味の良い香打ち

藤井七段vs都成五段

△4六香は金取りの先手を取りつつ、角道を止めて、3五歩で銀を取れる形にできて、かなり味が良いですね。

都成五段は、▲3三歩△4三金▲3七香と3五歩を受けつつ、攻めていきます。

金が取られて、ゆっくりしていると寄せられてしまいますので、都成五段は暴れていきました。

端から手を作る

藤井七段vs都成五段

▲1二歩成と成り捨てていきます。

△同玉は▲4四歩と叩いて、△同金は▲3三桂成が入ります。

引いてくれるのであれば、拠点になるので、大きいですね。

ただ、藤井七段は取らずに△3二玉と寄ります。

右が広くて、縛る手もないので、かなり苦しいですね。

端から寄っていきますが、藤井七段が細い攻めをつなげるのがうまくて、歩だけで手を作っていきます。

藤井七段vs都成五段

最後は、△1六銀▲3八玉に△3七歩▲同玉△3六歩と2回叩いて、取れば▲4五金で角が抜けますので、引いて拠点を作って、△2七金から鮮やかに寄せきりました。

投了図

藤井七段vs都成五段

△4五香で都成五段の投了となりました。

▲5七玉には△6五桂▲6八玉△6六角と取って、受けが効かなくなります。

△4五香に合駒も、金駒しかありませんので、取られて、4五から打たれて受けがないですね。

なので、投了やむなしですね。

順位戦C級1組は、9勝1敗となりましたが、同じ成績で順位が上の近藤誠也五段と藤井七段の師匠の杉本昌隆八段が昇級となりました。

昇級は2人までですので、藤井七段の昇級は次回以降となります。

次は順位が高いですので、同成績の棋士がいても、あがれる可能性がかなり高いと思います。

次の順位戦が楽しみですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*