順位戦A級 豊島将之二冠vs久保利明九段の棋譜速報


第77期順位戦A級9回戦の豊島将之二冠と久保利明九段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

本局は、久保九段が中飛車を目指して、豊島二冠が許さず、角交換を繰り返す変化になりました。

豊島二冠vs久保九段

手損にはなりますが、形を決めさせたということですね。

さらに形を決めさせるなら、▲5三角ですね。

△4二角に▲同角成△同玉と振るのを難しくできます。

ただ、さらに手損することになるのでどうかですね。

ソフトはそれでも互角の評価値ですので、なくはないみたいです。

手損を嫌うソフトはこれだけ手損しても互角というのも珍しい気がしますが、5筋の歩を突いている分、後手の駒組みが難しいということでしょうか。

豊島二冠は、▲7八銀から美濃囲いを目指して、駒組みになりました。

立石流のような変化

豊島二冠vs久保九段

久保九段は飛車を浮いて立石流のように石田流を目指すような形にしました。

石田流は振り飛車の理想形と呼ばれていて、一番いい形ですので、目指せるなら目指したいところですね。

ただ、▲6五角は見えますが、△5二飛と引いて、角を打たせた分、得と見るのでしょうか。

豊島二冠は▲7五歩と玉頭位取りですね。

△4二銀と引いて、▲7六角には△3四飛を用意しました。

豊島二冠の難しい仕掛け

豊島二冠vs久保九段

豊島二冠は3筋、7筋、2筋と突き捨てて、2八角と打っていきました。

スポンサードリンク

5五角と出られれば、香が取れます。

ということで、△3三桂と跳ねて、香取りを受けました。

それでも、▲5五角と出て、△7三銀と形を悪くすることに成功。

ソフトは、△6四歩と美濃囲いを崩さずに受けていれば互角とのことで、▲3五歩△5四飛と戻ったほうが良かったとのころです。

△7三銀で、300点ぐらい豊島二冠に傾き、そのからの豊島二冠が素晴らしい攻めで、一気に崩しました。

飛車切りから小びん攻め

豊島二冠vs久保九段

豊島二冠は飛車も切って、△7三歩に▲7四歩と合わせて、美濃囲いの急所の小びんを攻めていきます。

金駒がなくて、銀もはがされてしまい、この攻めは苦しいでしょうか。

飛車・角あっても、金銀が4枚くっついていて、豊島二冠の玉が硬すぎて、攻められないのも苦しいですね。

久保九段は△3四飛と我慢して、豊島二冠は歩を成ってから、▲3七角と飛車成りを防ぎます。

飛車の横利きを止める手筋

豊島二冠vs久保九段

△7三銀と受けさせて、▲5五角と引いて△5四歩と打たせて、▲7三角成と切っていきました。

△7三銀に▲同角成とすると、5四歩がなくて、飛車の横利きが通っていて、なかなかよりにくいですが、5四歩と打たすことで、飛車の横利きが止まるので、▲6四銀から攻めていけます。

玉の周りの金銀をはがす

豊島二冠vs久保九段

玉を詰ます基本は玉の周りにいる金銀をはがして、玉を裸にすることですね。

豊島二冠も基本に忠実に、▲7三桂と玉の隣にいる金を狙っていきます。

金が逃げると、桂成でも銀成でも詰んでしまいますので、△4一玉と早逃げして、金は見捨てました。

上に逃げられれば、まだなんとかなりそうですが、桂馬と2五の歩が働いていて、逃げられそうにないですね。

なんといっても、自陣が安全ですので、豊島二冠はゆっくりと確実に迫っていき、寄らせました。

投了図以下

豊島二冠vs久保九段

ここで、久保九段の投了となりました。

△3五玉でまだ詰んではいませんが、▲4三龍と取られて、どうしようもないですね。

後は△3三銀と合駒ですが、▲同角成△同金▲5三角成△同玉▲3三龍と金駒を取られて、詰みとなります。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*