順位戦C級1組 藤井聡太七段vs千葉幸生七段の棋譜と結果!角換わり腰掛け銀


第77期順位戦C級1組6回戦の藤井聡太七段と千葉幸生七段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

本局は角換わり腰掛け銀になりました。

先後同形の4八金形、6二金形ですね。

藤井七段vs千葉七段

藤井七段が9筋の端の位を取って、▲6六歩としたのに対して、△6五歩と仕掛けていきました。

▲同歩は△同桂▲6六銀△6四歩といった展開でしょうか。飛車先の交換がほぼ確定していますので、それでどうかですね。

ただ▲2五桂からの反撃もありますので、それも一局ですね。

藤井七段は▲6九飛と回って受けました。

穏やかな展開にするのかなと思いましたが、△6六歩▲同銀△6五歩に▲5五銀左とぶつけていきます。

銀が引けば、6五歩が失敗だったということになりますので、取るしかないですね。

藤井七段vs千葉七段

歩を垂らして、▲6三歩成△同金▲7二角の狙いですね。

なので、飛車先を交換して、飛車を逃します。

そこで、▲6三銀から攻めにいきます。

千葉七段は銀を投入して、自陣を金銀4枚で鉄壁にします。

藤井七段vs千葉七段

飛車を切って、△4七角。

スポンサードリンク

すごい一手ですね。

銀を捨てて両取りを狙っていく筋はよくありますが、角を捨てての両取りはさすがにもったいなさすぎる気がします。

自陣が硬いので、手になってしまえば問題ないというのもあるのかもしれないですね。

Zの形で何を渡してもすぐには詰みませんので、駒損してでも寄らせてしまおうということだと思います。

△4七角に▲同金△5八角ですね。

飛車にヒモがついていますので、▲4八金も考えられますが、△6九角成▲同玉△2九飛で合駒が大駒しかないのが気になります。

なので、▲5九飛とかわして、金は見捨てましたね。

藤井七段vs千葉七段

4八金で飛車が取られる手が見えていましたが、▲1五歩と端攻めを狙っていきました。

4八金を避けるのであれば、▲8八玉と早逃げするのも有力ですね。

玉が逃げつつ飛車の可動域も広げることができます。

△4八金には▲6九角として、△4六馬▲同銀△5九金としました。

2歩あるので、歩が欲しいというよりは、銀を下げたかったということでしょう。

ただ、結果的にはこの銀を下げてしまったことで、端攻めがより厳しくなってしまいましたね。

藤井七段vs千葉七段

5五銀のままであれば、精算して▲2五桂に△2四玉に▲1六香としばられても△3六龍でつかまりませんでしたが、この場合は△3六龍に▲1三角△3四玉▲3五歩△同龍▲同角成までの詰みとなってしまいます。

ということで、△3一玉と引きましたが、▲5二角と詰めろ。

▲5一飛成△同銀▲4一金までですね。

そこで、△1三香と外して▲同香成△同桂。

▲4三角成△同金▲3三香として、銀が動けば5一の金が取れますので、△3二歩と受けて▲1三桂成と迫っていきます。

後は左右から迫っていって、寄り筋となりました。

藤井七段vs千葉七段

ここで、千葉七段の投了となりました。

以下、△5一玉▲4二成桂△6二玉▲7四桂△7一玉▲8二金までですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*