【豊島将之八段vs羽生善治棋聖】棋譜と結果!第89期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負第1局


第89期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負第1局の豊島将之八段と羽生善治棋聖が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

本局は角換わりになりましたね。王位戦挑戦者決定戦と同じ形になりました。

羽生棋聖vs豊島八段

ここまで手順は少し違いますが同じ形ですね。

ただ先後は逆ということで、豊島八段はどう対応するかでしたが、▲同歩と取りましたね。

羽生棋聖は▲3五歩と攻め返していました。

羽生棋聖vs豊島八段

▲5八玉と戻りました。

戦場から遠ざかるのと、6九飛とどこかで回るような手もありそうです。

ここら辺はまだ研究の範囲内じゃないかと思います。

羽生棋聖vs豊島八段

羽生棋聖は一気に攻め込みにいきます。

▲3八金なら△3七歩と叩いて▲同金は△4八角の金・銀両取りが決まります。

▲4九金は△2八銀で飛車が取られます。

ということで、逃げずに▲6三歩と攻めにいきました。

スポンサードリンク

6二金・8一飛型によくある筋ですね。

△同金なら▲7二角が決まります。

ということで、△5二金と避けました。

▲7三角と攻防の角。

羽生棋聖vs豊島八段

羽生棋聖は馬を狙っていきます。

▲7三馬なら△3七銀▲同銀△同歩成▲同馬のときに金がいるので、△4五金とたすことができます。

ただ、すぐに4五金は▲6五銀の桂馬を取られる変化も生まれるので、△9三角を入れるかもしれません。

豊島八段は馬は逃げずに▲同馬と取っていきます。

そして空いた空間に▲5三銀と打ち込んで、玉の退路を塞ぎました。

羽生棋聖vs豊島八段

羽生棋聖は銀を狙って、豊島八段は角を狙っていきました。

この▲6八金は角に当てつつ遊んでた金を玉に近づけて守りに参加させる味の良い一手ですね。

▲5三飛と銀を取って、△5八金。

この遊んでた金が玉にくっつけられるのはイヤですね。

ソフトは▲7六角成△同銀▲5三飛という展開を推奨していました。

それでも、豊島八段が1000点ぐらいいとのことです。

羽生棋聖は飛車を取りにいって攻めにいきます。

羽生棋聖vs豊島八段

かなり迫りましたが、駒損が激しいですね。

無理攻めですが、これ以外勝機がないということでしょう。

ただ、豊島八段は▲6四銀から一気に攻めて、寄せました。

羽生棋聖vs豊島八段

ここで羽生棋聖の投了となりました。

もう受けが効かないですね。

なにもしなければ、▲5二金△3一玉▲4一金で詰みです。

△3一玉の早逃げも、▲4一金から同じ筋で、詰みになります。

△5一金は▲5二金△同金▲同角成△同玉▲6三金△4一玉▲5二金打△3一玉▲4一飛で詰みとなります。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*