名人戦第4局 佐藤天彦名人vs羽生善治竜王の棋譜並べ|横歩取り青野流


第76期名人戦七番勝負第4局の佐藤天彦名人と羽生善治竜王の棋譜並べです。棋譜の解説もしますので、参考にしてもらえればと思います。

佐藤天彦名人vs羽生善治竜王の棋譜



スポンサードリンク

佐藤天彦名人vs羽生善治竜王の棋譜解説

本局は横歩取りになり、佐藤名人は▲5八玉とあがり青野流にしました。

それに対して、羽生竜王は△5二玉とあがりました。

佐藤名人vs羽生竜王

△2六歩と垂らすのもよくありますね。

△2七歩成は許すわけにいきませんので、受ける必要があります。

▲3八金や▲2八銀、▲2八銀、▲2八歩と4通り受け方がありますが、▲3八銀が定跡です。

ただどれも互角の展開で、どう受けても悪くなることはありません。

▲3八銀には△2七歩成▲同銀△2八歩からと金を作る手も見えますが、▲3七桂~▲4五桂と先手も攻め筋を作れるので、先手の攻めのほうが厳しくなります。

佐藤名人vs羽生竜王

角交換して、銀と香の両取りをかけていきました。

▲7七角△7六飛▲2二歩△3三桂▲2一歩成△4二銀という展開もありますが、佐藤名人は▲8七銀にしました。

飛車が逃げたら▲7七角と合わせられて攻められなくなるので、△同飛成と切って、馬を作っていきます。

佐藤名人vs羽生竜王

スポンサードリンク

▲7七桂は△8六歩で桂馬が取られてしまいます。佐藤名人は▲2三歩として、△8九馬なら▲2二歩成で攻める狙いですね。

羽生竜王は△4四馬と引いて、▲同飛△同歩と飛車と馬の交換。

次の▲1六角が厳しかったでしょうか。

△6二玉なら▲6一角成△同玉▲8二歩△同銀▲2二歩成△同銀▲4一角で決まります。

なので、△4三香と合駒。

佐藤名人vs羽生竜王

羽生竜王は角を狙っていきました。

次に△1五歩と突いて、▲2七角なら△2六銀で、▲3四角は△4五銀▲2五角△3三桂で角が取れます。

そこで、▲3七桂と跳ねて、4五銀を打てなくしました。

佐藤名人vs羽生竜王

ここで、▲2二馬と攻め合うのか▲2九歩と受けるのかですが、佐藤名人は受けるほうを選びましたね。

△2四飛と羽生竜王も銀を受けて、▲3九金と2八歩成を受けました。

△4二玉と角道から玉が逃げましたが、▲8三歩からの攻めが厳しかったですね。

佐藤名人vs羽生竜王

△同銀は▲6三角成△同金▲8二飛成で王手の先手になります。

なので、△同金として、▲3二馬△同玉▲6三角成と馬を作ることを許しました。

本来は飛車も角も成らしたくないですが、どっちかは成られてしまうので、仕方ないですね。

佐藤名人vs羽生竜王

△6六歩と合わせてから△5四角。

馬が逃げれば、△7六角の王手飛車ですね。

▲同馬△同金と馬を消すことに成功しましたが、▲6二角が厳しいですね。

△9四角▲6七銀で、羽生竜王の投了となりました。

佐藤名人vs羽生竜王

駒がないので、受けようがないですね。

△同銀▲8二飛成は銀取りを受ける手が角を打つぐらいしかありませんが、香を取られて、攻める手がないので、じわじわ寄せられてしまいます。

△7二金ぐらいしか受け手がありませんが、▲5一角成が飛車取りの先手で、△3三銀▲8一飛成と龍を作られて、受けが効かなくなってしまいます。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*