順位戦A級 豊島将之八段vs深浦康市九段の棋譜と結果!矢倉系力戦


第76期順位戦A級6回戦の豊島将之八段と深浦康市九段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

角換わりの出だしから、深浦九段が角道を止めて角換わりを拒否しましたね。

豊島将之八段vs深浦康市九段

最近、角換わり拒否にして雁木にするのが流行っていますよね。

6八銀とあがっておけば、急戦にできるので、角換わり拒否しても問題ないということですが、それでも拒否していきました。

豊島八段は腰掛け銀にして、深浦九段は金銀をくっつけました。

豊島将之八段vs深浦康市九段

右四間飛車にそなえた形ですね。

嘘矢倉に組もうとするときに、右四間飛車に対する受け方です。

なので、右四間飛車にはせずに、▲4八金とあがって、端を入れたりしてから、▲4五歩と仕掛けていきました。

豊島将之八段vs深浦康市九段

△同歩▲同桂は△7七角成としてから、銀が逃げれば問題ないですね。

なので、△同歩には、▲3五歩と3筋も突き捨てていきました。

△同歩なら、2筋も突き捨てるか、▲4五桂と跳ねるかですね。

3筋も突き捨てているため、角成られた後に▲3三歩が残るので、桂馬がタダで取られる心配がなくなります。

深浦九段は△4六歩と取られそうな歩を伸ばしました。

▲3四歩と取り込んで、△7七角成▲同桂△3六歩▲4五桂△4四銀。

▲7一角と打っていて、激しくいきましたね。

豊島将之八段vs深浦康市九段

スポンサードリンク

△7二飛に▲4四角成△同金に、▲2四歩△同歩と突き捨てて、▲6五桂と2枚の桂馬を使っていきました。

△4七歩成も手抜いて、▲3三銀。

△同桂から全部精算して、▲4七金と手を戻しました。

駒損しましたが、陣形がメチャクチャにできたので、どうかですね。

深浦九段は、△8六歩▲同歩に△9四桂と攻めていき、▲8三銀△3二飛▲9四銀不成と桂馬を抜きました。

銀は取らずに、△6四角と打っていって、▲4六歩に△2三金と飛車道を通しました。

豊島将之八段vs深浦康市九段

銀取る手が甘いということですね。

質駒に入っているので、取りたいときに取ればいいという感じでしょう。

銀が逃げるのであれば、その手が一手パスなので、逃げにくいですからね。

豊島八段は▲4五桂と打って、△3七歩成に▲3三歩と打って、飛車の取り合い。

深浦九段のほうが飛車の打ち込みに弱いので、飛車交換は豊島八段のほうが有利そうですね。

ただ次の▲5三桂左成よりも、たんに▲6二飛とおろしたほうが良かったとelmoは言っていました。

△3九飛▲5九桂と合駒させてから、△4二歩と受けました。

▲3三歩△2二玉▲4一飛△3一歩▲4二桂成△1三玉と早逃げ。

豊島将之八段vs深浦康市九段

こうなると深浦九段のほうが苦しそうですが、この1三の玉が銀冠の小部屋のように寄せにくそうですね。

△1五歩や△2五歩から入玉もありそうですし、まだまだ難しそうです。

▲3二歩成とと金を作って、△8六角▲8一飛成△7七銀▲8六龍△同銀成と龍を切っていきました。

さらに、▲3三桂成と小駒攻め。

自玉を安全にして、この小駒攻めを間に合わそうということでしょう。

△8八歩▲同金△5八角と攻めていって、▲3六歩。

豊島将之八段vs深浦康市九段

これはもう詰まないことを読み切っていますね。

飛車道を止めて、成桂が寄っていけば勝ちということですね。

なので、△1五歩と逃げ道を作って、▲2六桂と塞ぎました。

こうなると一手一手になりそうですね。

最後は深浦九段が王手をかけていきましたが、詰まないので、豊島八段の勝ちとなりました。

豊島将之八段vs深浦康市九段

豊島八段の見切りがすごかったですね。

また、あの寄せにくい玉を小駒を成っていって攻めていくのも参考になりました。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*