第59期王位戦予選 小林健二九段vs藤井聡太四段~矢倉を超特急で攻め潰せ!


第59期王位戦予選の藤井聡太四段と小林健二九段の対局です。



スポンサードリンク

小林九段は振り飛車も得意ですが、本譜は矢倉を採用しましたね。

それに対して藤井四段は…

なんなんですかね、このメチャクチャな攻めは。

しかもこれで成り立っちゃってるというのがまたなんとも…

すごすぎます。

序盤:矢倉から右玉vs雁木へ

小林九段は矢倉にして、ガッチリ組み合って戦いましょうといいましたが、藤井四段はそんなのイヤだといきなり仕掛けていきました。

藤井聡太四段vs小林健二九段

この時点でのelmoの評価値は後手に+100ぐらいですので、成り立っているということですね。

おそろしいです。

銀を退かして飛車先の歩の交換に成功。

横歩も取りましたが、それ以上はさすがに攻められず、結局は組み合う展開になりましたね。

小林九段は、左側は荒らされてしまって、囲うには不十分ということで、右玉に変更。

藤井四段は雁木に落ち着きました。

藤井聡太四段vs小林健二九段

こうなれば、普通の将棋ですかね。

さすがに一気に攻め潰すまでは難しいようです。

ただ、藤井四段が先手を握る展開で、得はしていますね。

中盤:端攻めからこじ開ける

歩の交換を入れてお互いに攻め味を作っていきますが、お互いになかなか攻められない展開が続きました。

そこで、藤井四段は端攻め。

藤井聡太四段vs小林健二九段

スポンサードリンク

3歩持ったら端攻めの格言通りですね。

▲同歩だったら、△1七歩▲同香△5三角と本譜と似たような展開にするのか、単に△5三角と出るのかといった感じでしょうか。

どちらにしても受けにくそうです。

本譜は▲8七金と歩を払って、△7七歩成から桂馬の交換。

△1六歩と取り込んで、▲1三歩と押さえましたね。

藤井聡太四段vs小林健二九段

△同香は▲1二歩と、と金を作りにくか、▲2四歩△同歩▲1四歩△同香に、▲2四飛と香を取りに行くかという感じでしょうか。

どちらにしても相手に攻め味を作らせる感じがイヤですね。

ということで、△1七歩成と成り捨てて、▲同香に△5三角と出ました。

香取りが受けにくいですね。小林九段は▲2七玉と玉でなんとか守りました。

飛車の上に玉がいて、戦場に引きずり出されている感じもして、やりたくない手ですが仕方ないというところでしょうか。

終盤:左側は一切相手にせず、寄せ切る

藤井四段は玉のいる右側だけを攻めて金銀角は取り残されてしまいました。

藤井聡太四段vs小林健二九段

小林九段も受けているだけでは勝てないということで、馬を作って反撃に出ますが、これで寄っているんですね。

△3八銀▲2六玉と逃げて、△2七金▲同飛△同銀成と取れた飛車を2枚替え。

もう一回△3八銀と打っていって、▲2六玉に△2七飛で小林九段の投了となりました。

藤井聡太四段vs小林健二九段

以下、▲1六玉△1五歩▲同玉に△1七飛成▲1六銀△1四歩▲同玉△1六龍▲1五銀に△2二桂までですね。

敗着の一手は…

これと言った敗着の手はないんですよね。

藤井四段の構想がうまくて、じりじり引き離されていった感じです。

elmoによると、右玉に行ったのが失敗だったとのことです。

藤井聡太四段vs小林健二九段

ただ、これがダメとなると、さすがにどうしようもないような気もしますが…

この角換わり6五桂急戦のような攻めが優秀ということでしょうか。

これは指しそうな人が増えそうですね。

矢倉を指す方は対策を考えないといけなくなるかもしれません。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*