順位戦C級1組 村田顕弘六段vs藤井聡太七段の棋譜速報!相掛かりひねり飛車


第78期順位戦C級1組1回戦の村田顕弘六段と藤井聡太七段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

本局は相掛かりになって、村田六段は縦歩取りからひねり飛車にしました。

村田六段vs藤井七段

▲3六飛と歩を取りに行くのが縦歩取りですね。

受けるなら3三金か8四飛ですが、藤井七段は8四飛で受けました。

竜王戦の村田智弘六段戦でも、△8四飛で受けていましたので、こちらのほうがいいと思っているということでしょう。

縦に引くか横にかわすか

村田六段vs藤井七段

村田六段は飛車先の逆襲を狙って、縦に引くのか横にかわすのかですね。

どちらも一局そうですが、藤井七段は△5四飛と横にかわしましたね。

飛車成りを許すわけにはいきませんので、▲6八銀と受けて、△8七歩成▲同金と金を吊り上げることに成功します。

8六飛と取られるよりも8七金と吊り上げたほうが守りが弱くなりますので、お得ですね。

歩のない筋の歩を突け

村田六段vs藤井七段

藤井七段は村田六段の歩がいない筋の2筋の歩を伸ばしていきます。

ここが玉頭ですし、一番の急所ですね。

▲2八歩と受ければ、安全にはなりますが、攻め筋が減ってしまいますし、あまり打ちたくはないでしょうか。

村田六段は▲5七銀とあがりましたね。

藤井七段は△6四飛▲5八金と形を乱してから、△1五歩▲同歩△同香と端を攻めていきます。

▲同香△同角は玉のそばで戦いになりますので、▲1七歩と受けます。

スポンサードリンク

角切りからの猛攻

村田六段vs藤井七段

ここで、藤井七段が踏み込んでいきましたね。

角を切っていき、△2七桂と打ち込んでいきます。

玉を逃げるしかありませんが、香を取って、角がなくても十分指せるということですかね。

△1九桂成に▲1一角成も見えますが、△3三桂と跳ねられて、馬が使えなくなってしまうということでしょうか。

角は成らずに▲4六銀と出ていきました。

ただ、△3三香で角成りと3五銀を防がれて、先手がかなり難しそうでしたね。

手筋の歩打ち

村田六段vs藤井七段

▲2二歩は相居飛車ならほぼどんな戦形でも出てくる手筋ですね。

△同金で壁金の形にできますし、角道にも入りますので、香が動くと金が取れるようになります。

かと言って、1三桂とかわして、と金を作られるのもイヤですので、△同金と取りましたね。

▲4五桂と打って、△2六桂▲3五銀と取ります。

手堅い銀打ち

村田六段vs藤井七段

ここで手堅く△6四銀と打って、5三の地点をケアしました。

いけると思うところではしっかり踏み込みますし、こういう局面ではしっかり受けられるのが藤井七段の将棋ですね。

▲2六飛とぶつけると、△3七龍なんでしょうか。

銀取りで後手を引きますので、▲6六飛と無理やりでも銀を外しにいきました。

△3二玉と早逃げして、▲6四飛△同歩▲5三桂成と桂は成られますが、詰めろではありませんので、ここで攻めにいきます。

ギリギリまで踏み込む

村田六段vs藤井七段

ここで、△3五香と銀を取って踏み込んでいきました。

▲4一銀△同玉▲2二角成とされてかなり怖いですが、△5二金でギリギリ大丈夫ということですね。

▲3一角と打って、▲4二金△同金▲同成桂までの詰めろをかけますが、△4七成桂から一気に攻められます。

即詰みではありませんでしたが、馬を抜いて勝ちとなりました。

投了図以下

村田六段vs藤井七段

△3一玉と角を取った局面で、村田六段の投了となりました。

この局面は詰めろになっていますね。

△5九角▲8八玉△2八飛成▲7八銀△同龍▲同玉△6九角▲8八玉△8七角成▲同玉△8六金▲7八玉△7七角成▲8九玉△8八金までとなります。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*