藤井聡太七段vs村田顕弘六段の棋譜速報!第45期棋王戦予選


第45期棋王戦予選の藤井聡太七段と村田顕弘六段の棋譜速報です。



スポンサードリンク

村田六段は雁木模様で、藤井七段は左美濃から矢倉の出だしとなります。

村田六段が変化して、向かい飛車にして陽動振り飛車にしましたね。

脅威の銀捨て

藤井七段vs村田六段

藤井七段は△4五銀と出て銀を捨てましたね。

△2六角で銀を取り返せますが、▲3三桂成△同金で金が吊り上げられて、あまりいい形ではなくなります。

ということで、▲4五桂には△同桂と銀・桂交換にしましたね。

ただ、2六の銀取りと5七桂打が残っているので、悪くないという判断ですね。

▲3五歩と受けて、桂打ちは含みに残して△同歩としましたね。

5七の地点と3七の地点と両方の活用を見てるということでしょうね。

▲4六銀の桂頭の銀で受けて、△3六歩からまた桂と銀の交換で駒の損得がなくなりました。

突き捨ての歩

藤井七段vs村田六段

△7五歩と突き捨てて、▲同歩は△7六銀~△6七銀成を狙っていく狙いがあります。

▲同銀は△5七桂の両取りですね。

ということで、▲5七銀と引いて△3七歩を決めてから△4四角と引いて角交換になりました。

スポンサードリンク

叩きの歩

藤井七段vs村田六段

村田六段は▲3三歩と叩いて、△同金▲2二角の狙いですね。

逃げれば拠点が残るので、かなりイヤな形ですね。

ということで、△同金と取ってしまって▲2二角を打たせました。

△4三金寄▲3五桂と追撃をかけていきますが、そこで無視して△7六歩。

金が逃げると香を取っていたと思います。

かなり主張が通って、村田六段としても悪くないですね。

それよりも、金を取らせている間に攻め手を作ったほうが村田六段にとってもイヤだと思います。

金を取っても次の迫る手がないのも村田六段にとっては辛いですよね。もう1枚桂馬があれば▲3五桂のおかわりができますが、金1枚だけでは迫るのは難しそうです。

ここからは藤井七段の攻める番ですね。

馬切りから一気の寄せ

藤井七段vs村田六段

ここで△8九馬とバッサリ切っていって、▲同飛△7七飛成と飛車が成り込むことに成功します。

▲6八金打から粘りにいきますが、かなり苦しいですね。

焦点の桂

藤井七段vs村田六段

金が3枚効いているところに桂馬を放り込んでいきます。

どの金で取っても△5六歩の取り込みが金にあたって、龍と角・金の2枚替えになって、陣形もバラバラになってしまいますので、受けが効かなくなります。

ということで、▲4八玉とかわしましたが、△5六龍からの2枚替えとなり、どうしようもなくなってしまいましたね。

投了図

藤井七段vs村田六段

△2八銀と歩にヒモをつけつつ玉の逃げ道をなくしたところで、村田六段の投了となりました。

現状は、△4九金▲同飛△同桂成▲同玉△3八角▲5九玉△4九飛までの詰めろですね。

▲5九金で一応受けることはできますが、△5五桂とされて一手一手ですね。

藤井七段の中終盤がより厳しくなっていますね。

これからどうなるのかも楽しみですし、藤井七段を止められる棋士がいるのかも楽しみですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*