王位戦第1局 豊島将之王位vs木村一基九段の棋譜速報!横歩取り8五飛戦法


第60期王位戦七番勝負 第1局の豊島将之王位と木村一基九段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

本局は横歩取りになりましたね。

豊島王位は▲5八玉と上がる青野流にして、木村九段は△4一玉と寄りました。

▲3六歩~▲3七桂と桂馬で一気に攻めるのが青野流の狙いですが、豊島王位は▲3六飛と引いて、少し穏やかな展開になりました。

横歩取り8五飛戦法

豊島王位vs木村九段

木村九段は△8五飛と中段に引く8五飛戦法にしましたね。

最近は△8四飛が多くなっていて、△7二銀~△8二玉と美濃囲いにして、△2四飛とぶつけていくような展開が多いですね。

ただ、本局は4一玉と寄っていますので、ここから美濃囲いにするのは、さすがに手数がかかりすぎます。

それなら8五飛のほうがいいということでしょうか。

この辺りも木村九段の深い研究がありそうです。

仕掛けるか駒組みをするか

豊島王位vs木村九段

ここが木村九段にとって方針を決める分岐点だったでしょうか。

攻めるのであれば、△7五歩や△8六歩ですね。

△7五歩は▲2五飛△8八角成▲同銀△3三桂▲7五飛△同飛▲同歩と飛車角総交換の激しい展開になりそうです。

△8六歩は▲同歩なら△同飛▲8七歩△7六飛と横歩を取る狙いですね。

スポンサードリンク

8八角成の先手にもなっていますので、それを受ける必要もあります。

木村九段は駒組みを進めて、△2三銀と壁銀を解消して、銀冠にしました。

そこから、豊島王位が動いていって、▲3三角成△同桂馬▲7七桂と両方の桂馬を活用していきます。

飛車を封じつつ駒の働きをあげる

豊島王位vs木村九段

木村九段の飛車を端に追いやって使えなくして、豊島王位の飛車角だけ使える状態になりました。

桂馬も働いていて、▲8五桂とさらに攻めていきます。

△同桂なら▲9一角成で香を取りつつ馬ができます。

なので、△6四歩と受けて、▲7三桂成△同銀で辛抱しました。

▲2六桂で飛車交換を強要できますが、▲1六歩を間に合わせにいきましたね。

飛車捕獲へ

豊島王位vs木村九段

▲3五桂で銀を狙って、△2四飛と仕方なくぶつけます。

▲2三桂成△同歩▲2五歩で飛車が詰みました。

歩と交換するわけにはいきませんので、△4四飛で飛車角交換になりました。

▲7一飛から香を取って攻めていきます。

桂を捨てて一気に攻める

豊島王位vs木村九段

木村九段は△4五歩と桂馬を取りにいきましたが、▲2四歩△同歩▲5四桂と桂馬を捨てていきました。

△同歩▲2四飛が2一飛成と5四飛の両方を見ていて、厳しいですね。

△2三歩と打つと歩切れになってしまいますので、▲5四飛が受けにくくなります。

△4六歩▲同歩と突き捨てて、△4二桂と5四飛のほうを受けましたね。

▲2一飛成が入って、かなり苦しくなりました。

先手玉も安全で、龍も切れますので、いくら木村九段と言えども、受けきれないですね。

投了図以下

豊島王位vs木村九段

▲2四歩で木村九段の投了となりました。

以下は△2二玉▲3四桂△2一玉▲4一龍△3二桂▲2三歩成で受けなしとなります。

豊島王位の攻めが厳しくて、木村九段でも受けられなかったですね。

ただ、あそこから100手以上まで持っていくのはさすが木村九段ですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*