【第89期棋聖戦第2局】羽生善治棋聖vs豊島将之八段の棋譜と結果!雁木vs右四間飛車


第89期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負の羽生善治棋聖と豊島将之八段の対局の第2局 です。



スポンサードリンク

角換わり模様の対局から、豊島八段は雁木にしました。

それに対して、羽生棋聖は右四間飛車にして、攻めにいきます。

羽生棋聖vs豊島八段

角と銀をさばくことに成功しました。

ただ、それでも形が崩れないのが雁木の強みですよね。

逆に羽生棋聖のほうがスカスカになってしまいました。

ソフト評価値も100ぐらい豊島八段のほうがいいとのことです。

羽生棋聖は▲3八金とあがって、スキをなくしました。

5八金のほうが玉は固くなりますが、2筋が空いてしまうので、△3九銀と飛車を狙って、▲3八飛なら△4九角、▲4九飛は△2八銀成、▲4六飛は△2七角から馬を作れます。

羽生棋聖vs豊島八段

スポンサードリンク

△5七銀とあがりましたね。

金・銀の連結が離れてしまいますが、銀を攻めに使っていかないと攻めがつながらないということでしょうか。

羽生棋聖は、▲7一角と動いていきます。

△7二飛▲6一銀と銀が動いたことをとがめていますね。

4三銀のままなら金にヒモがついているので、角を取っておいてなんの問題もありませんが、銀があがったので、成銀が残ってしまいます。

△4三銀と戻って成銀を取りにいきます。

▲6二金と打って、銀と飛車の交換になりました。

羽生棋聖vs豊島八段

ここで、▲7二金とします。

▲6二金~▲5二金と金を活用していこうということでしょうか。

駒がありませんので、遊び駒をなくさないと苦しいという判断かもしれません。

△5七桂成▲3八飛△2七角として、金が抜かれてしまいます。

ただ、遊び駒になりかねませんでしたし、角取れますし、この交換は損してなさそうですね。

羽生棋聖vs豊島八段

ここで、△4八銀の飛車・金両取りを狙っていきますが、▲5二角で一気に苦しくなってしまいましたね。

△4二銀打と飛車を取ってしまえば、まだまだ互角の展開だったようです。

実践的には後手のほうが指しやすいのではないでしょうか。

馬も引きつけてスキがありませんし、先手陣は4八銀も残っていますし、飛車を下ろせば攻めやすそうですので。

羽生棋聖vs豊島八段

ここで、豊島八段の投了となりました。

詰みはありませんが、受けても一手一手ですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*