藤井聡太四段の五段昇段&順位戦C級1組昇級戦!梶浦宏孝四段の棋譜


第76期順位戦C級2組9回戦の藤井聡太四段と梶浦宏孝四段の対局です。

藤井四段は、梶浦四段に勝つと順位戦C級1組への昇級が決まり、昇級により五段に昇段します。

結果はテレビでも報道されましたし、ご存知かと思いますが、棋譜をどうぞ。



スポンサードリンク

本局は相掛かりになりましたね。

梶浦四段はすぐに銀を繰り出して、UFO銀にしました。

藤井四段vs梶浦四段

藤井四段は、UFO銀に対して、△3三角とあがるのが多いですね。

これが有力と見ているということでしょうね。

梶浦四段もすぐには攻めていかずに囲い合いとなりました。

藤井四段vs梶浦四段

△7四歩と突いた所で、飛車の横利きがとまったので、▲4五銀と角頭を狙っていきました。

△7五歩と突いて受けて▲同歩に、△2四歩と銀冠を目指しにいきましたね。

咎められないので、▲5六銀と引いて、体勢の立て直し。

その後、角交換して、お互い固め合い。

藤井四段vs梶浦四段

ここで、▲3五歩と仕掛けていきました。

△同歩▲1五歩△同歩と突き捨てて、▲5五銀と出て、4四の歩を狙っていきました。

開戦は歩の突き捨てからという格言通りですね。

2歩あるので、端攻めもしやすいですし、桂頭も弱点になるので、突き捨てたんでしょうね。

△6五歩と突いて守る手もありましたが、▲4二玉とあがりました。

2筋から攻められているので、銀冠の中に入るのは危険という判断でしょうね。

できれば、6筋、7筋方面の安全な方に逃げたいということだと思います。

スポンサードリンク

とは言え、そこまで逃げている余裕もないので、この辺りで収まるんでしょうか。

梶浦四段は、歩を取るのではなく、▲6五歩と突いていきました。

△同歩は▲6四歩と打って、引いてくれるのであれば、拠点になりますし、△同銀は▲同銀△同飛▲8二角みたいな手がありますね。

それでも、評価値0の全くの互角の展開とのことでした。

藤井四段は取らずに、△7六歩。

▲同銀と吊り上げて、△5四銀とぶつけていきました。

▲同銀△5五角の飛車・香取り。

藤井四段vs梶浦四段

激しい変化に持っていきましたね。

銀冠が固いので、さばきあえば、勝てるということなんでしょうね。

▲4六角と合わせて、△9九角成▲8八銀△9八馬。

▲6四歩と取り込んで、△4五歩▲同銀△同桂▲6三歩成△同金▲9一角成と馬を作り合いました。

ただ、藤井四段の馬は玉に近いのに対して、梶浦四段の馬は玉から遠いので、攻め合いは、藤井四段のほうが有利そうです。

なので、▲5五馬と引っ張り上げてきて、攻防に効かせました。

藤井四段vs梶浦四段

△5七桂成と最後の一働きですね。

ただ、▲同金とは取らずに、△3三歩と攻め合い。

△5四香がイヤということだと思いますが、どちらにしても△5四香が厳しいですね。

▲3二歩成△同銀▲4六香とさらに攻め立てていきます。

藤井四段は冷静に歩で受けてから、反撃。

藤井四段vs梶浦四段

取れば、△5七角の王手金取りということで、▲7七金寄と逃げましたが、△6七銀と攻められます。

▲同銀△同歩成▲同金は△8六歩成が入りますね。

なので、▲3三歩と攻めていきましたが、△5八香成。

▲3二歩成△同玉と玉を丸裸にはできましたが、大駒がないので、攻めるのは難しいですね。

逆に自陣はかなり危ないので、防戦一方となってしまいました。

藤井四段vs梶浦四段

一間龍の形で、受けがないですね。

以下、△6九玉は▲5九飛ですし、▲4九玉は△4八飛▲3九玉△2八銀で詰みます。

▲5八金と合駒する手には、△4八銀▲6九玉△5八飛▲同金△同龍までとなります。

これで、藤井四段が藤井五段となり、順位戦C級1組へと昇級になりました。

六段へは朝日杯で決勝まで勝ち進むことが一番速いですね。

ただ、相手が羽生二冠ということで、どうなるかですね。こちらの対局も楽しみです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*