奇襲戦法好き集まれ!多くの人が知らない勝ちやすいドマイナー戦法!


相手が知らないと作戦勝ちしやすい奇襲戦法。

決まると一気に持っていけるのがいいですよね。

ただ問題は相手が知っていると、対策できるのばかりということですね。

しかも、戦法によっては相手が知っていると、こちらが悪くなったりする戦法も多いのが奇襲戦法の特徴です。

その上、ほとんどの奇襲戦法は有名な戦法ばかりですから、多くの方が知っているんですよね。

奇襲戦法をやってみても、うまくいかないことの方が多いのではないかと思います。

そこで今回は、多くの方が知らない奇襲戦法についてご紹介します。

この戦法は、本などに書いてあった戦法とかではなく、ソフトで研究していたときにたまたま見つけた戦法です。

色々と調べてみたんですが、どこにも書いてなかったので、おそらく多くの方が知らないのではないかと思います。

どんな戦法なのか? といいますと、こちらになります。

奇襲戦法

スポンサードリンク

後手番の戦法で、▲2六歩△3四歩▲2五歩と飛車先をすぐに突いてきたときに使えます。

普通は△3三角なんですが、△4四角と上がるのがこの戦法。

▲2四歩と突くと、この戦法の狙い通りで、後手がよくなります。

▲2四歩の変化はこういった感じです。


後手番角頭歩戦法と似たような感じですね。

意味も同じで、狙いは手得することです。

奇襲戦法

相手の駒は一切動いていませんが、こちらは歩・角・桂・銀を動かすことに成功しました。

もちろん、まだまだ難しいですが、少し有利な展開なことに間違いありません。

ここまでで変化もありますので、それを見ていきたいと思います。

変化1:▲2三歩

相手が飛車走って、△3三桂と桂馬が逃げた局面で、▲2三歩と打つ手もありますね。

奇襲戦法

△3三桂が飛車にあたっているわけでもなんでもありませんので、飛車を回らせないように歩を打ってしまうわけですね。

これには、△4五桂と跳ねます。

△5三桂不成の金の両取りがありますので、▲4八銀と受けるんですが、気にせずに△5三桂不成と捨てていきます。

▲同銀に△3五角とあがって、両取りをかけます。

奇襲戦法

ちなみに△4五桂を▲4八金と金で受けたとしても同じです。

むしろ金の方がこちらがより有利になりますね。金と桂馬の交換になりますので。

変化2:▲2八飛

同じ△3三桂と跳ねた局面で、飛車が成らずに▲2八飛と引く手も考えられます。

奇襲戦法

これにも△2二飛とぶつけていきます。

▲同飛成△同銀は上と同じですね。

なので、▲2四歩か▲2三歩と打つ手が考えられます。

▲2四歩には△2六歩と打ってから、歩を取れば飛車先の逆襲が見込めます。

▲2三歩は△2一飛と一度引いて、何もしなければ、同じように△2六歩から歩を取って飛車先逆襲ですね。

スポンサードリンク

なので、▲7六歩と角道を開けるしかありませんが、△8八角成▲同銀△2七歩▲同飛に△4五角と打ちます。

奇襲戦法

飛車が逃げるしかありませんが、角成っておいて、後手が指せます。

ということで、△4四角に▲2四歩と突いてきた場合、ほぼ後手が指せる展開になります。

▲2四歩を突いてこない変化

それでは、▲2四歩と突いてこない場合、どういった変化になるのかというのを見ていきたいと思います。

▲2四歩に変わる手としたら、△7六歩と角道を開ける手ですね。

奇襲戦法

これには、△8八角成▲同銀と角交換します。

4四角とあがってから角交換しているため、手損なんですが、角換わりの場合、手待ち将棋になりやすいので、そこまで手損を気にしなくて大丈夫かなという気がします。

△3二金と上がっておきます。

ここで▲2四歩からの飛車先の歩の交換も見えますが、これも罠で先手がちょっとイヤな展開になります。


こういった感じですね。

飛車先の交換したときに△2二銀と上がって受けます。

奇襲戦法

▲3四飛と横歩を取るのであれば、△4五角から馬が作れるので問題ありません。

なので、▲2八飛と引くんですが、そこで△2七歩と叩いていきます。

▲同飛は△4五角から馬を作ります。

飛車が逃げたら、△3三銀~△3一金~△2二飛と回ります。

奇襲戦法

こちらは一切飛車先の歩を突いていないのに7筋まで伸びていて、相手は逆に何も飛車先がつけていない状態にすることに成功しました。

ダイレクト向かい飛車のように▲6五角の筋はありますが、これまたダイレクト向かい飛車の手筋のように△7四角と合わせておいて問題ないですね。


▲4三角成に△5二金と上がって、▲同馬△同玉▲7五金の筋は△2八歩成▲同銀として△4七角成と切って、銀が取れるのであんまりうまくいかないですね。

なので、▲7五歩として取り合ってどうかという感じです。

どれも難しい展開ではありますが、基本的に後手が押さえ込んでいて、指しやすいのは後手ではないかと思います。

それほど弱点という弱点もありませんので、試してみる価値は十分あると思います。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*